イベントを大切にする

イベントを大切にする

女性はイベントを大事にする

 

誕生日、クリスマス、バレンタイン。2人が初めて出会った日、結婚記念日。

 

とかく女性は記念日や行事を大事にします。あなたのスケジュール帳にも、忘れてはならない大切な日が記入されているのではないでしょうか。

 

「クリスマスにはどこに行く? 何をする?」こんなふうに切り出すのは、多くは女性の方だと思います。そして、彼氏、夫が2人の記念日を忘れてしまっていた場合、とてもがっかりしたり怒ってみたりします。

 

「おととしの結婚記念日は○○に旅行に行ったでしょ。去年は初めて出会ったレストランで食事をして。なのに今年はどうして!」と、彼氏や夫を責めます。彼はあなたの剣幕に押されて、あわててレストランを予約したりします。

 

イベントは女性が主導権を握る

 

一部のまめなタイプを除いて、ほとんどの男性はイベントを面倒くさく思っています。

 

もちろん、あなたが喜ぶのを見るのは嬉しいので、あなたのプランに付き合ってばくれますが、忙しさにかまけてつい、忘れてしまう。あなたの優しさに甘えて手を抜いてみたりするのです。

 

文句を言われる前に自主的にサプライズを計画してくれればいいのですが、なかなかそこまで気が回る男性は多くありません。だから、イベントに関しては女性が主導権を取ることが必要になります。

 

記念日を忘れていた事実を責めるより、さりげなく話題に出して思い出すように仕向ける。レストラン選びを彼任せにしないで一緒に考え、店の電話番号を書いた紙を渡し、「予約お願いね」と頼んでおく。店の場所もあなたがチェックしておく。「場所は調べてあるからね」この一言が彼らの負担を軽くするでしょう。

 

あなたはきっと、映画の中のように1から10まで彼に段取りしてもらって、お姫様のようなサプライズを望んでいるかもしれませんが、毎回それを彼らに望むのは可哀想です。

 

ちょっとしたあなたの気づかいやサポートで、彼らのプレッシャーは格段に軽減されるはずです。そうして2人で楽しくお祝いすればいいのです。2人の記念日なのですから。

 

記念日はとても大切

 

記念日を祝うのは、実はとても大切なことです。

 

人生の中で楽しい思い出が多ければ多いほど、大は日々、幸せを感じていられます。2人の歴史の中に共通のよい思い出を増やしましょう。

 

よい思い出を増やしていくのは、目には見えませんが、2人の間の財産を増やしているのと同じなのです。

 

日々の生活は同じ繰り返しで何となく過ぎていきます。日常の小さな喜びや幸せをいちいちすべて覚えておくのは大変です。だから、1年のうちに何回かのイベントを祝い、素敵な思い出をつくっていくのです。2人の関係は、これまでにどのくらい幸せな記憶を重ねてきたかで決まります。

 

宝石箱を覗き込んで「これははじめてもらった誕生日プレゼント、この指輪をもらったのは、付き合って3年目、夜景の見えるレストランだったわ」と、その時のシチュエーションまでよみがえらせて、女性は何度も幸せをかみしめたりします。倦怠期を迎えていたとしても、「思い出」を振り返ることによって「あの頃の気持ち」を思い出せるのです。

 

喧嘩をしていても、離れていても、「2人の思い出、家族の思い出」が絆を思い出させてくれます。

 

いつまでもイベントは大切にしていく

 

あなたと彼が結婚して子どもが生まれた後も、クリスマスやひな祭り、こどもの日、七夕など、節目節目の行事を大切にしてください。それは、子どもに温かい記憶をプレゼントすることになります。その体験をもとに、あなたの子どもも親になった時、同じことができるのです。

 

行事をお祝いして楽しかった、というだけでなく、思い出としてきちんと残していく、その気づかいも大事です。日記をつける、写真を撮る。ときにはその思い出について「あの時は楽しかったよね」と話題に上げてみる。思い出はつくるだけではなく、そのあとに育てることもできるのです。

 

反対に、楽しい思い出になるはずが、悲しい思い出にならないように努力をしましょう。

 

旅行など慣れない環境では、イライラしたり疲れたりで、喧嘩になることも多いものです。マイナスの感情の記憶は知らず知らずのうちに2人の関係をダメにしていきます。

 

思い出のデートの場所に行くたびに、「昔、この店で大ゲンカしたなあ」なんて思い出したくないですよね。

 

2人のムードが険悪にならないように、記念日には、あなたはちょっとしたことで拗ねたり怒ったりしてはいけません。気にいらないことがあっても、「ま、いいか」くらいの気持ちで笑顔でやり過ごしてください。

 

女性が機嫌よくしていれば、男性から喧嘩を売ってくることはまずないはずです。

 

イベント好きの女性は幸せを連れてくる

 

イベントの中でも最たるものが「結婚式」です。

 

最近は入籍だけで披露宴をしないカップルが増えています。形式にこだわって大金を使うのはもったいない、と。

 

でも、結婚式は2人で歩む人生のスタートです。披露宴で「人生最良の日を迎えた2人」という言い回しを耳にします。その最良の思い出を2人で共有しているのは、とても心強いものです。

 

喧嘩しても、他の人に目移りしても、その時の2人を思い出して「ま、いいか」と思い直す。そして年に1度の記念日に、ここまで仲良くやってきたことをお祝いする。

 

目には見えないけれど、思い出って、とても大切なんです。時間をかけて積み重ねて来た2人のかけがえのない記憶が、2人の絆をより強く確かなものにしてくれるはずです。

 

イベントにはあまり興味のない女性も中にはいるかもしれませんが、思い出づくりという観点でもう一度考えてみてください。

 

温かい家庭、幸せな関係を築くには、よい思い出は欠かせないものです。楽しげに祭事を祝う恋人や妻の姿は、男性にとって心温まるものに違いありません。

 

イベント好きな女性は「面倒くさい女性」のようで、実は幸せの種まきが上手な女性でもあるのです。