デートがキャンセルになった時の対処法

デートがキャンセルになった時の対処法

デートがキャンセルになった時の対処法(女性編)

 

彼が「今度の土曜日、急な仕事で休日出勤しないといけなくなったよ。悪いけど、君とのデートはできないから延期してくれないかな?」と言ってきました。

 

その時あなたは何と言いますか?

 

「もういいわよ! 私のことなんてどうでもいいんでしょ?」

 

「えっ? だって約束したじゃない。ウソつき!」

 

こんな言葉をぶつけてしまいませんか?

 

これでは、彼の立場に立って考えられていません。彼だって、仕事をするよりもあなたとデートをしたほうが楽しいに決まっていますし、キャンセルしなければならないことで、あなたに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

それなのに一時の感情で非難してしまっては、彼は「僕の気持ちなんか全然わかってくれない」と思い、逆に怒り出すかもしれません。

 

中には「私と仕事とどちらが大切なの?」と言う人がいますが、これは禁句です。彼から見たら、あなたも仕事も両方大切なわけで、両立させなければならないからです。むしろ、あなたとのデートを優先して仕事を断るような男性の将来は、不安です。

 

一方で、仕事のやり過ぎで家族を顧みない人や、精神を病んだり身体を壊してしまう人もいますが、それも問題です。朝から晩まで仕事で休みもないようでは、家族との時間も持てず十分な子育て・教育もできず、子どもの非行や精神不安定の原因にな
ります。

 

人生はバランスが大切です。健康(精神、身体)、家族、経済力、遊びのすべてが充実していなければ、幸せとはいえないでしょう。

 

少し話か逸れましたが、自分の感情をぶつけるのではなく、まずば相手の立場や気持ちに立って考えましょう。

 

「うん。わかったわ。仕事なら仕方ないわよ。後日予定し直しましょ。大変だろうけど、お仕事がんばってね!」

 

というのが模範解答です。もしくは、

 

「あなたと会いたかったから残念だけど、仕事ならしょうがないね。お仕事がんばってね。でも、今度会った時には今日の埋め合わせはしてもらうからね(笑)」

 

などとユーモアも加えて答えられたら、さらによいでしょう。笑いの要素を入れられたら、関係性が一段とよくなります。

 

仕事が忙しくてデートの時間がつくれない(男性編)

 

彼女との交際が始まったあなた。しかし、仕事の忙しい時期と重なってしまいました。彼女と会いたいのに会えない、辛い、焦る気持ちも出てきます。

 

しかし、仕事もプライベートも余裕がなくなっている時こそ一呼吸しましょう。あなたの対応一つで、会えない時間でも愛を育てることができます。

 

一緒に会う時間をつくれなくても、長電話する時間がなくてもいいのです。移動中や休憩時間など隙間のほんの30秒でも、「○○の声が聞きたくて!」と電話をしましょう。そう言われて嫌な女性はいません。どんなに忙しくても私を想ってくれている
と感激します。

 

そして「○○の声を聞いて元気が出たよ。がんばるね!」などと言って電話を切ればパーフェクトです。

 

一日何度でも、この短い電黷をかけるマメさが大切です。相手に対する思いやりですし、その気持ちが必ず伝わります。

 

ピンチをチャンスに変えてください。

 

ちょっとした行き違いで喧嘩になってしまった(男女共通編)

 

喧嘩のほとんどは、コミュニケーションの欠如から起こります。

 

あなたからすると、相手の反応に「そんなつもりじゃないのに」「あれっ、どうして怒っているのだろう?」と思うようなことも多いと思います。

 

ただ過去は変えられませんから、相手が怒っているのはどうにもなりません。大切なのはすぐにフォローし、誤解を解くことです。

 

特にメールは誤解を生み、そこから喧嘩が始まることが多いのです。メールではなく、すぐに電話をしましょう。

 

そして会う約束をし、なるべく早く直接会って話をしましょう。会って話してみたら、「えっ、そんなことで怒ってたの?」とすぐに解決することが多いものです。

 

喧嘩をすぐにフォローし、結婚につなげた男性がいます。

 

30代後半の真面目でおとなしい男性で、彼女の誕生日にレストランを予約したのですが、その数日前に喧嘩してしまいました。彼女の発言に過剰に反応し、食欲不振にまでなりました。

 

しかし、勇気を出して会ったら誤解が解け、その後プロポーズしたら、女性が受けてくれたそうです。

 

「ピンチをチャンスに変える」と述べましたが、ピンチの回復方法を見て、女性は「頼もしい」と男性を見直すようになります。回復の仕方しだいで、「結婚したい」と思われるようになるのです。