下調べは怠らない

下調べは怠らない

デートの準備はしっかりと

 

初デートは一大イベントです。

 

事前の準備でひと味もふた味も変わってくるので、入念に準備しましょう。

 

相手の男性がデートに慣れていないことがわかるような場合、女性のほうから場所の提案をしてあげるといいですね。

 

ただ、男性の自尊心を傷つけないように「ちょっと気になっているお店があるので、そこに行きません?」などと、自然に話せるといいでしょう。

 

 

@天気予報をチェック

 

初デートは、晴れた日に行いましょう。

 

太陽の光を感じると元気が出るものです。

 

晴れたハ日気持ちいいので、デートのイメージが良くなります。

 

逆に雨の日は気持ちが滅入りがちになります。

 

長期の天気予報を見て、可能な限り天気の良い日を選びましょう。

 

 

A相手の休日の前日がベスト

 

翌日が休日であれば、気持ちに余裕ができます。

 

逆に翌日早朝から仕事がある日は、落ち着かないもの。

 

デートが盛り上がるかどうかは気分が大きく影響します。

 

なるべく相手がゆっくりとくつろげる日を選びましょう。

 

 

B体調管理も大事

 

疲れている日は顔にも出ますし、自分の気分が悪いと相手にも伝わるものです。

 

まずは、あなたが最高の状態で相手を迎えましょう。

 

そのためにはデート前日はお酒を飲まない、早めに寝て睡眠時間をゆっくりとる、などの節制が必要です。

 

 

C待ち合わせ場所のセレクト

 

自分よりも、相手が行きやすい場所を選びましょう。

 

「電車の乗り換えが少ない」「通勤定期で来られる」ことを考慮して、相手の自宅や勤務先の場所から判断し(もちろんデートの前にそれらの情報は仕入れておきます)、「○OO駅でいいですか?」などと訊いてから決めましょう。

 

その際、自分に土地勘がないとスムーズに会之ませんね。

 

行ったことのない場所だったら事前に下見をしておくくらいの気合が必要です。

 

 

Dお店のセレクト

 

ここでセンスが悪いと思われると印象が良くなくなってしまいますから、お店の選出は大切です。

 

事前に知人に聞いたり、本や雑誌、インターネットなどで口コミ情報を集めておきます。

 

しかし、それらはあくまで参考にとどめます。

 

いくつか候補を挙げたら、直接出向いて自分でお店を選びましょう。

 

選ぶポイントは次の通りです。

 

 

  • 照明…照明はやや暗めのほうが、落ち着いて話しやすいです。
  •  

  • スタッフの対応…お店のスタッフの応対が悪かったり、頼んだものが出てくるまでの時間が長かったりすると、気分が悪くなるものです。
  •  

  • 雰囲気…お洒落で落ち着くインテリアのお店を選べば、「センスがいい人だ」と思ってもらえます。
  •  

  • 客層…グループや子ども連れのお客様が多いと、お互いの会話が聞こえづらくなります。
  •  

  • メニュー…コーヒーが飲めない人もいます。相手に飲めないものがあることを想定し、選択肢が多いお店を選びます。お茶以外に、スイーツも豊富なお店だとなお良いですね。
  •  

  • 価格帯…もし割り勘になった際にも、相手に負担をかけない手頃な価格帯であることが気配りです。
  •  

  • BGM…クラシックやジャズのような落ち着いた音楽が流れていると、とても話しやすいです。
  •  

  • …言うまでもないことですが、美味しいお店を選びましょう。「ここのコーヒー、美味しいんだよ」と言って味が良くないと、「このくらいの味で満足する人なんだ」と相手に幻滅されてしまいます。

 

 

「初デートでしてはいけないこと」につづく ⇒