初デートは顔見せ気分で

初デートは顔見せ気分で

最初は軽くお茶を

 

相手を見つけたら、次はデートです。

 

何だかワクワクしてきますね。

 

しかし、ここで油断してはいけません。

 

初デートが散々だと、その後につながることはありません。

 

反対に、あなたの第一印象が悪くても、素敵なデートで挽回することも可能です。

 

そこで、ここからは「この人と付き合いたい」と思ってもらえるようになるためのデートのテクニックをご紹介していきます。

 

最初は「お茶を1時間」程度に考えてください。

 

最初のデートは、お洒落なカフェで「お茶」か「お茶とスイーツ」から始めましょう。

 

まだお互いのことがよくわからない状態ですから、気持ちの負担、時間の負担、また金銭的な負担を減らすためにも「お茶」が無難です。

 

待ち合わせは万一どちらかが遅刻した時を配慮して、屋外ではなくカフェの店内にしましょう。

 

約束をする際には、万が一の場合の緊急連絡先として携帯電話の番号とメールアドレスをあらかじめ聞いておきましょう。

 

時間帯は、休日であれば午後の2時か3時ぐらいから。

 

平日であれば6時か7時くらいからで、1時間をめどにします。

 

短いと思われるかもしれませんが、話か盛り上がらないと苦痛ですし、どちらかが気に入らない場合は、時間の無駄になってしまいます。

 

「話し足りない。もっと話したい!」と思うくらいがちょうどいいのです。

 

そのほうが次のデートにつながります。

 

話がとても盛り上がり、お互いに意気投合した場合は、もちろん延長して構いませんし、その後、食事などに行ってもいいですね。

 

相手の都合もありますから、最初から「何時まで大丈夫ですか?」と訊いておくとよいでしょう。

 

あくまで空気を読んで、自然の流れに任せることです。

 

自分がそれほど乗り気でもないのに、相手に気を遣って無理に誘うようなことはやめましょう。

 

1回目は顔見せぐらいのつもりで、軽い気持ちでいきましょう。

 

 

「下調べは怠らない」につづく ⇒