結婚するための女性との出会い方

結婚するための女性との出会い方

女性との出会い方

 

出会いに至るまでの戦略を立てましょう。

 

結婚に至る出会いの中で一番多いのは、「知人、友人からの紹介」です。この「紹介戦略」を使わない手はありません。

 

あなたが置かれている環境について考えてみてください。職場に異性はいるでしょうか。「いるにはいるけど、おばちゃんばっかり」だったら、ラッキー。おばちゃんは、世話好きな人が多いので、まずはあなたが結婚したいという意志を発信するのです。

 

ある日、いきなり「僕結婚したいんです。いい人がいたら紹介してください」なんて、恥ずかしくて言えないですね。言われた方も、直球過ぎて驚きます。だから、まず世間話をしましょう。「タレントの○○さん、結婚したんですね」とか、「この間のニュース、見ました? 男性の5人に1人が一生結婚できないんだそうですよ」なんて話から入り、「僕も、真剣に焦りました。結婚は考えているんですけど、なかなか出会いがなくて」と伝えてみます。

 

おばちゃんの「じゃ、いい方がいたら紹介するわね」とか、「じゃ、気に留めておくわね」という言葉までたどり着ければ上出来です。でも、年上の女性を「おばちゃん」と呼んだらダメ。ちゃんと名前を呼びましょうね。

 

 

結婚相手になるかもしれない女性を紹介してもらうためには、日頃から年上の女性とコミュニケーションをとる能力が求められます。

 

毎朝の笑顔の挨拶から始まり、日々の仕事の中で、優しくてよく働く「好青年」でなければなりません。「○○君みたいないい子に彼女がいないなんてもったいない」と思ってもらうのです。それは、あなた自身の成長とコミュニケーション能力アップにつながる一石二鳥の戦略です。

 

「同僚に女性はいるけど、恋愛対象外」の場合も同様です。あなたが「いいヤツ」ならば、彼女たちの友人を紹介してもらえるかもしれません。日頃から、男女を問わず周りのみんなに親切にしておきましょう。

 

職場恋愛や、職場の人間関係を通じた出会いは「同じ環境にいる人同士のつながり」を持てる、無理のない出会いです。あらかじめ、組織の中で働いて収入を得、生計を立てるという「社会に対する基本的な価値観」も共有できているでしょう。

 

 

職場の関係者の紹介よりもポピュラーなのが、友人からの紹介。

 

とりわけ友人夫婦、恋人がいる友人からの紹介というのは自然です。結婚するカップルの3〜4割程度が「共通の友人を通じて」「友人からの紹介」だといいます。

 

ファミリー、カップルでバーベキューというような時に合わせてセッティングをしてもらいます。気に入った女性との仲を取り持ってもらえるし、交際が始まったあとも、何かと相談できます。

 

「無理。僕、社交的じゃないし、友だちいないし。」そういう人は、あなたの最大のファンにお願いしましょう。あなたのすべてを認めて、無条件で受け入れてくれる人。あなたのいいところをみんなにアピールしてくれる人。そう、「お母さん」です。

 

お母さんはあなたが反抗するのをわかっているから、「早く結婚しなさい」とは言わないし、見合い話も持ってこない。けれど、心の中ではあなたの将来をとても心配しているはずです。口には出さなくても、「孫の顔が見たい」と思っているに違いありません。

 

うっとうしいから親の言うことなんて聞きたくない。親に結婚についてあれこれ言われたくない。反抗的になる気持ちはわかります。でも、他に出会いの方法が思いつかないならば、ひとこと言ってみましょう。

 

「俺もそろそろ結婚した方がいいのかな」程度でいいのです。多くの母親は、喜んであなたにふさわしい相手探しに奔走してくれるでしょう。最初から親公認の相手に巡り合えると、そのあと何かとスムーズです。

 

親や親戚の誰かの知り合いであれば、後から「家の格が違う」なんて言われることもなく、周りのすべての人に祝福される結婚ができるでしょう。もちろん、あなた自身に相手にOKしてもらうだけの魅力も必要になりますが。

 

今も昔も、地縁、血縁は結婚に結びつく大きなポイントです。人と人のつながりの先に、あなたにつながる赤い糸があるかもしれません。

 

 

自力で相手を探したいという人も多いでしょう。それならば、何かひとつ新しいことを始めるのです。

 

職場と家の往復だけではなく、習いごとを始める、飲み会を企画する、お見合いパーティーに参加する。趣味の会に参加するのもいいでしょう。ともかく、人が集まる場所に出かけていくか、その場所をつくります。

 

知人の中には、「趣味の食べ歩きの会」や「異業種交流の会」などをつくっている人たちがいて、幹事という手間暇はかかるようですが、面倒見がよいところをアピールできます。まずは、人気の店で少人数の食事会などを企画してみてはどうでしょう。

 

そういう小さなイベントをきちんと仕切れ、参加者に気配りができる男性は魅力的です。できれば同じメンバーで複数回集まれる企画を立てます。1回だけの企画であった場合は、「同窓会名簿」などと言ってみんなの連絡先を集めてしまいましょう。そういう形ならば、割と抵抗なく連絡先を聞き出せます。

 

けれど、それを後から個人的にアプローチに使うのはNG。ちゃんと、連絡網として活用します。押すところは押すけれど、焦ってはいけないのです。

 

あなた自身が人を集められなくても「友だちに声をかけてみて」と誰かに頼めばいいし、お見合いパーティーで知り合った人たちと友だちになり、その友だちも含めて仲良くなるのもよい方法です。ともかく「人とのリアルなつながり」を意識しましょう。

 

忙しすぎて、そんな時間はとてもつくれないという人。この先ずっと、―人で、今と同じ毎日を過ごしていきたいですか? 1年、2年と歳をとるごとに、結婚しづらくなっていきます。今日のあなたが人生の中で一番若いのだということを忘れないでください。

 

 

恋愛、交際のスタートにあたって、女性は大体次のような順序で好き嫌いをつけていきます。

 

外見の好き嫌い⇒生理的な好き嫌い⇒性格の好き嫌い⇒条件ひ内面

 

外側から順にパスしていって、やっと条件や内面に目を向けてもらえるのです。

 

好みのタイプなら、条件と内面、そのバランスを総合的に判断し、もう一度会いたいかどうかを決めるのが女性。結婚を前提とした交際の場合は、多少条件に重きを置くことになるでしょう。

 

ここでは、初めてのデートに至る前にダメになってしまう男性に向けて、実用的なアドバイスを行います。婚活パーティーや合コンに参加する時の参考にしてください。

 

外見について

 

まず、外見のNGについて。

 

人は会った瞬間、ほんの数秒で相手を判断するといいます。よほど特異な格好をしていなければ、口もきかずに無視とはならないでしょうが、これが、なんともひどい格好、という事態がしばしば起こるのです。さらに、自分でそれに
気づいていないところが問題なのです。

 

「特異な格好」には、髪型、衣服、アクセサリー、靴などすべてを含みます。この特異にも2通りあり、こだわりがなさ過ぎて無頓着な特異タイプと、こだわり過ぎて滑稽に見える特異タイプ。どちらもTPOから大きく外れているので異様に目立つのです。

 

極端な話ですが、スポーツの場でもないのにジャージで現れた男性に対して、ほぼ100%の女性が積極的に仲良くなろうとは思いません。たとえ高級ブランドのよそゆきのジャージでもダメ。「初対面でジャージ」がダメなのです。

 

初対面でサンダル、ランニングも同じ。筋肉や小麦色の肌をセクシーだと思えるのは、もう少し親密になってから。すね毛やわき毛が気になって、目のやりどころに困ります。正直、見ている方が恥ずかしくなります。

 

おしゃれなスーツで決めたのなら、紫や赤のどぎついカラーシャツを着てはいけません。もちろんミラーのサングラスもやめておきましょう。虎とか龍の絵柄をかっこいいと思う女性は、ごく一部。鯉もダメ。何もかもキメ過ぎて、ホストやそのスジの人に見えていないでしょうか。「普通の女性」と仲良くなりたかったら、普通の格好をしましょう。

 

清潔感を大事にする

 

カジュアルでも、フォーマルでも、清潔感がある一般的なもので、今年買ったものであれば大丈夫。

 

どんなによいものでも、何年も前の服は避けた方が無難です。古い服がいけないわけではないですが、新しい出会いの場には新しい服で挑もうではないですか。

 

さわやかでおしゃれなあなたにも気をつけてほしい点があります。女性の前でくしや鏡を取り出すのはやめましょう。店内のガラスでヘアスタイルをさりげなくチェックするのもみっともないので、気になる時はトイレでこっそりと直してください。初対面でナルシストだと、引くものです。

 

自分のセンスに自信がなければ、ショップで上から下まで見立ててもらいましょう。その際、靴と靴下も一緒に揃えておくとベストです。

 

これはよく起こる本当の話ですが、婚活イベントの会場が畳敷きで靴を脱がなければならなくなったとき、靴を脱いだら、靴下のつま先に穴があいている、裏がすり切れて薄くなっている人がたまにいます。そういうことに無頓着だと、すべてにルーズでだらしなく見えてしまいます。穴が開いた靴下は、間違って履かないよう処分しておきましょう。

 

姿勢と表情

 

衣服の次に気にしてほしいのが、姿勢と表情です。

 

猫背はダメ。軽く胸を張り、顎を引きましょう。

 

口元には軽く笑みをたたえ、話をする時は相手の目を優しくゆったりした気持ちで見る。

 

上目づかいときょろきょろはやめましょう。目ヂカラを入れ過ぎると、なんだか、狙われているようで怖いです。

 

貧乏ゆすりはもちろん、指でトントン膝を叩く、ボールペンをカチカチ鳴らす。細かく上げればきりがないのですが、自分で気づいていない些細な癖が、婚活の場では何かと目につくのです。

 

周りは教えてくれないので、お願いして誰かにチェックしてもらうといいでしょう。

 

生理的に好きか嫌いか

 

次は生理的に好きか嫌いか、という部分です。

 

それにはおもに声、体臭、目つき、肌質、毛質が含まれます。嫌われるのは「べったり、ねっとり」系。

 

口元と声の粘りはダメ。極端に高い声、極端に低く響く声も聞きづらい。声の質には人それぞれ好き嫌いはありますが、声が耳障りな人とは長く一緒にいられません。不思議と、声に性格が現れやすく、自己顕示欲の強い人は自然とそういう声に、自信のない人は、声にも自信がないものです。

 

声なんて変えられない、どうすればいいんだ、という人も、心配しなくて大丈夫。発声練習をすると、―週間で、簡単に聞き取りやすい声を手に入れられます。

 

同時に口の周りや頬の筋肉も引き締まるので、ぜひ試してください。早口も、せっかち、胡散臭いなどマイナスの印象を与えるので、意識してゆったり話す努力をしてみましょう。意識するだけで、全然違うものです。

 

体臭に気をつける

 

次に体臭。

 

人の身体には多かれ少なかれにおいはあるものですが、初対面で気になるのは、汗のにおいと衣服についたにおい。

 

出かける前にシャワーを浴び、髪を洗う。そして洗濯したての服を着ればクリアできます。それでも気になる人は、制汗剤を。汗のにおいを抑える効果がある衣類の柔軟剤も発売されているので、ぜひ試してください。

 

コロンをつけるのであれば、上質なコロンをごくかすかに使います。半プッシュで充分です。

 

目にも気をつける

 

目は囗ほどに物を言うといいます。

 

日頃の不摂生で充血していれば、目薬を使いましょう。

 

普通にしているのに、何だか意地悪そうに見える、暗そうに見える。自分でそう思う人はこの方法を試してください。まず、鏡を見る。そして、目を閉じる。今までで一番楽しかったこと、もしくは美味しかったものを思い出し、もう一度それを頭の中で追体験するのです。すると自然と笑顔になってくるに違いありません。そのまま目を開け、鏡を見てください。その目の感じを忘れないよう心がければ、明るく穏やかな表情になっていくはずです。

 

肌質と髪質

 

肌質、髪質に関しては先はどのシャワーでクリアできたとは思いますが、自分で「すぐにテカる」と感じる人は、あぶら取り紙や、汗・あぶらを抑えるウェットティッシュを使いましょう。コンビニやドラッグストアで売っています。

 

ひげやまゆ毛が濃いと感じる人はきちんと整えておくこと。

 

これであなたは、自分の外見に自信を持って第一歩を踏み出せるはずです。