婚活がうまくいく男とは

婚活がうまくいく男とは

婚活がうまくいく男とは

モテたいのに!

 

どうやら世の男性のほとんどは、女性が好き、もしくは女性に興味があるようです。そしてその多くは、モテたい、1人でも多くの女性に好かれたい、もっと言うと、1人でも多くの女性と付き合いたいと思っているようです。

 

「世の男性」とひとくくりにしましたが、おもに10代後半〜30代前半の若い男性です。彼らの身体の中では大昔から受け継がれてきた本能のシステムが、子孫を残すために必死で頑張っているのですからそれも仕方がないことです。

 

こういう願望が強いので、この年代のカップルには、浮気、二股などの恋愛騒動が起きやすいようです。男性によっては気に入った女性を片っ端から口説いていく、「手当たりしだい、とっかえひっかえ」という人もいます。もちろん、そんな男性はそう多くはありません。

 

ほとんどの男性はそういう願望を抱きつつも、「彼女いない歴○年」と、悶々とした日々を送っています。もしくは、充実した1人の時間を持ち、そこそこ楽しく暮らす方法をあみだしているようです。

 

 

若い男性の中に、付き合った女性の数を自慢する人がいます。毎週、違う女性とデートしていて、しかも相手は美人ばかり。どうしてアイツばかりモテるんだ、と腹立たしくなりますね。

 

でも、違うんです。モテているのではなく、デートに誘い、ただ会っているだけなのです。もちろん食事をしたりお酒を飲んだり、運がよければベッドを共にしたりしているかもしれませんが、付き合っているわけではありません。

 

いつも相手が違うというのは、いつもふられている、もしくはステディにはなれないということ。魅力的な女性は誘われ慣れていますから、ちょっと興味がある男性から誘われれば食事くらいは行きます。そして一回のデートで値踏みをするのです。真剣に交際したい男性か、ボーイフレンドとしてキープしておきたい男性か。

 

多くの女性は「女性にルーズな男性」を選びませんから、自称モテ男さんは毎回、違う女性を誘う羽目になります。

 

そんな、チャラ男さんも経験を重ね、いろんな目に遭いながら、また、「すっごくタイプ」の女性に出会うなどして、チャラモテを卒業していきます。なんにしろ、経験することによって技を身につけ、最後には居心地のいいところに落ち着くのです。

 

 

そして、次のモテるタイプはある程度経験を重ねた男性に多いのですが、黙っていても女性が寄ってくる、女性から誘われたり告白されたりすることが多いタイプです。仕事ができる、包容力がある、経済力があるなど、人間的魅力にあふれている人です。

 

経済力は、人間的魅力ではないと思いますか? 経済力があるとは、多くの場合、仕事ができる、よく働く、周りに人が集まってくる、人生経験が深い……つまり、魅力的とイコールです。そんな男性はすでに恋人や奥さんなど特定の女性がいて、あちこち手を出したりしないので、ますますモテるのです。こういう男性が本当のモテ男なのだと思います。

 

けれど、「普通の男性」は、そんなにモテる必要はないのです。出会った多くの女性の中で、「この女性」と思える1人に好きになってもらえればいいのです。誰かに自慢したり、見せびらかしたりする必要はありません。その「1人」をきちんと手に入れられれば、僕は「モテる男」だと胸を張りましょう。そのためにはやはり、修業が必要になってきます。女性に対する知識や技術。それはじっくり勉強する必要があります。

 

 

どちらかというと自分は「デキる男」「モテ男」だと思っている人に気をつけてほしいことがあります。いい職業に就いている。年収も高い。身長もあるし、顔もそこそこ。なのに、なぜか女性に選ばれない。1回デートするとそれで終わり。いますよね、条件もルックスもいいのに、うまくいかない男性。

 

まず、モテ男を分析するより、モテない男はどんな男性か考えてみましょう。

 

初めてのデートを次に続けられない男性のパターンは次のように分析できます。

 

まず、一緒にいて楽しくない相手や、これから先、一緒にいてもいいことないだろうな、と感じる相手。

 

さらにもっとひどいパターンは、一緒にいると不快で、ロクなことがないだろうと思える相手。こういう男性からは往々にして、「マイナスネガティブオーラ」が出ています。批判的、否定的、理屈っぽい。他人の言葉に対して「でも、だって、どうせ」というネガティブ発言が多いのが特徴です。「いや、しかし、そうはいっても」など上から目線の否定言葉も、気をつけましょう。

 

仕事の立場上、そういう言葉が出やすいのかもしれませんが、楽しいはずのデートでこれはいただけません。否定された相手は、常に嫌な気持ちになり、もう、二度とデートには応じてくれないでしょう。

 

 

 

 

おそらくこの理由は男性にとって不本意なのですが、最初からテンションMAXな男性。いいな、と思っている相手でも、追われれば逃げる。それが人間です。特に女性は男性に追いかけられれば必死で逃げます。だって、怖いし面倒だし。この女、逃がすまい的な必死の形相は絶対にNGなのです。

 

男性は自分の感覚に置き換えて、「好かれれば否応なしに嬉しいだろう」と思い込むのかもしれませんが、そうではないと覚えておいてください。かといって、付き合い始めたのに淡白過ぎる男性も不満に感じます。何事もバランスとタイミングが大切なのです。

 

言いかえれば、モテる男性というのはこの辺りがちゃんと分かっている男性。今、2人がどういうシチュエーションにあるのかきちんと把握でき、その関係性に合った対応ができる。女性が今、何を求めているか感じとり、求めている物を提供できる。この辺りの状況把握ができて、客観的に自分を見ることができれば、弱点を克服できるのです。

 

 

女性を笑わせようと、必死にしゃべっている男性を見かけます。これは多くの場合、かえって女性をうんざりさせます。

 

話が上手、ということに女性はあまり価値を置きません。楽しそうに笑ってくれるので、つい、自分か女性に好かれているような気になるかもしれませんが、それは楽しいというより面白いだけ。ほめたり、共感したりという、女性を心地よくさせる会話力は有効ですが、お笑い芸人のようなトーク術は普通の人には必要ありません。ここを勘違いしている男性は注意が必要です。

 

さらに、ひけらかす、自慢する男性は嫌われます。誰それと知り合いなんだぜ、とか、どこそこに行った、とか。だから何なのよ、と言われます。言われなくても、心の中で思っているはずです。格好悪いから、自慢話はやめましょう。

 

「俺は金持ちだぜ」と口で言うよりも、さらりとご馳走してあげる。いい店知ってんだ、と言うより、素敵な店に連れて行ってあげる。その方がずっと素敵です。自分の魅力を口で伝えようとする男性は失敗します。

 

話すのは苦手、という男性も多いでしょうが、安心してください。女性は決して話し上手な男性ばかりを求めているわけではないし、時には口は災いのもとにもなります。大切なのは行動です。口説かなくてもいいのです。態度で示しましょう。行動で女性を喜ばせる。それができる男性は間違いなくモテるのです。

 

 

結婚相手や恋人が欲しい、と思った時、あなたは何を思い描きますか?

 

「どこかで偶然可愛い子に出会って、たまたまその子が僕を気に入ってくれて、何となくデー卜して、とりあえず告白されちゃったらいいな……」

 

妄想いっぱい夢いっぱいの男性たちは、こんなふうに「偶然、たまたま、なんとなく」を漠然と思い描き、思いがけない幸運がやってくるのを待っているのですが、運任せの他力本願で明るい未来が切り開けるはずはありません。

 

勇気を振り絞ってせっかく婚活パーティーという「戦場」に乗り込んだ男性の中にも、「偶然、パーティーがあったんで、ま、たまたま休みだったんで……」「とりあえずマッチッグ投票出しといたんで、もしかしたら当たるかも」なんてことを平気で言う人がいます。たとえそれが照れ隠しであっても、投げやりでいい加減な印象を受けてしまいます。

 

「どうして結婚しようと思ったの?」という質問に対しても、「とりあえず、老後に1人は嫌だから、なんとなく結婚したいと思う」じゃダメなんです。

 

 

はっきり言っておきます。恋愛や婚活には「偶然、たまたま、なんとなく」では始まりません。

 

ましてや結婚という人生の一大行事が、そんな安易にできるはずがないのです。そして、覚悟と努力なく始まった恋愛や結婚生活は、いとも簡単に崩壊してしまいます。

 

もうひとつ付け加えるなら、女性は自分が「なんとなく、とりあえず」という理由で選ばれることなどあり得ないと思っています。「僕、恋人が欲しいからとりあえず、君と……」なんて言ったら、平手打ちものです。

 

女性は、意中の男性に対して、多くの女性の中から選ばれた、ただ1人として接してほしいと思い、絶対的に唯一の大切な存在でありたいと願っているのです。だからこそ、その男性に尽くし、その男性の子どもを産み育てたいと考えることができるのです。

 

逆に、「偶然に見えるこの出会いは必然なんだ」とか、「絶対、君じゃなきやダメだ」、こういう男性に女性は心を開きます。などと書くと、初対面でこの言葉を言ってダメになる男性がいるから、順を追って説明していきましょう。

 

つまり、結婚を真剣に考えるなら、ちゃんと戦略を立てることが大事なのです。自分の頭で考え、自分の言葉で語り、自分なりの戦略を立てましょう。

 

結婚に至るまでには全員が必ず踏むステップがあります。「出会う、交際する、結婚する」という3つのステップ。このどれを外しても、結婚へはたどり着けません。そのステップごとに必要な段取りがあります。

 

 

3つのうちの「出会う」。これもなかなか思い通りにならないステップです。出会わなくてはお話になりません。

 

多くの男女は自然な出会いを望みますが、これまで5年、10年と自然な出会いがなかったのであれば、これから先も自然な出会いは望めないでしょう。

 

まずは、出会いに至るまでの戦略です。あなたは、どういう女性をターゲットにしていますか? 多くの独身は、結婚しない、できない理由を「適当な相手に巡り合わないから」だと言います。そもそも出会いから始まるにしても、その出会いがないのだと。

 

この「適当な相手」とはどういう相手をさすのでしょう。私か思うに、男性が結婚相手として相手に望むことのハードルは、女性よりもずっと低いはずです。思いつくのは「自分より年下で性格がいいコ」「可愛くて話しやすいコ」くらいのものではないでしょうか。

 

たまに、20代で、細くて、料理がうまくて、可愛くて、手に職を持っていて……なんていろいろと希望を言う男性がいますが、だから、その人は結婚できないのです。

 

傾向として、女性に対する経験値が低い男性ほど外見や条件にこだわります。女性の魅力に対する判断基準が、それくらいしか思いつかないのでしょう。

 

 

結婚なんて誰としても同じ、なんて夢のないことは言いませんが、自分の理想の女性を追い求め過ぎるのは感心しません。テレビに出ているアイドルや女優のようなルックスで、家事育児を喜んでこなし、しかもお金も稼いでくる。こんな女性はいないでしょうし、もしもいたとしても、あなたと出会う確率も、あなたを選ぶ確率も限りなく低いのです。

 

自分を棚に上げて、あれこれ女性に求める男性は嫌われます。だからと言って、「どんなタイプの子がいいの」と聞かれて、「特にない」と答えるのも女性に失礼な話です。「じゃ、誰でもいいのね」と突っ込まれます。

 

女心は本当にややこしい。地雷を踏まないためには、曖昧に「考え方が近くて、笑顔が可愛く優しいコ」くらいにしておきましょう。

 

ほとんどの男性が、せめてこれくらいはクリアしておいてほしいと思っているし、このくらいのハードルならば女性も反感を持ちません。これが「考え方が同じで、可愛く優しいコ」ではダメなのです。この違いが理解できれば、女心が理解できるかもしれません。

 

考え方、価値観が近いということは、毎日を快適に過ごすために絶対に必要です。とはいえ、大きな方向でベクトルが似ていればそれでOK。

 

自分と全く同じ価値観の人はいるはずもなく、そんな図々しいことを相手に求めてはいけません。

 

笑顔が可愛いというのは、意外にハードルが低いのです。女性はほぼ全員、笑顔になると笑顔でない時よりも可愛くなるものですから。

 

そして、優しい人。分け隔てなくみんなに優しく、あなたに一番優しい。そこまでは望めなくても、少なくとも、あなたにだけは優しい人。優しい人は、愛される人。

 

共に暮らす相手は、あなたが「大切にしたい、守りたい」と思える女性でなければなりません。あなたが愛せない相手では、お互い幸せな毎日は望めません。

 

優しさというのは努力で身につくものです。嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、苦しいこと。さまざまな経験を繰り返し、喜びと痛みを知れば、人は必ず優しくなれるものです。そして「この人と」と決めた後は、その女性が出会った頃と同じか、それ以上に笑顔で優しくいられるようにしてあげるのが男性の役割。

 

価値観が近ければそれはたやすいことでしょう。女性が幸せならば、必ず男性は幸せになれるのです。

 

 

婚活がうまくいかない最大の原因と、最高の人に出会い結婚できる方法 >>