婚活のための内面プロデュース

婚活のための内面プロデュース

婚活のため内面をプロデュースする

 

「結婚したい」と思われる人になるために、まずはマーケティングの観点から結婚を考えてみたいと思います。

 

端的に言って、次の4点が重要になります。

 

「自分自身の商品力強化」

 

  • あなた自身は異性からどのように思われているのか?
  •  

  • どのような結婚生活を望んでいるのか?

 

 

「マーケティング調査」

 

  • あなたの望んでいる結婚相手はどういう人なのか?
  •  

  • あなたにふさわしい人とはどこで巡り合えるのか?

 

それでは具体的に見ていきましょう。

 

自分のことを好きになる

 

ここで第一にお訊きしたいのは、「あなたは、自分のことが好きですか?」ということです。

 

もし自分自身のことが好きでないのであれば、他人を好きになることはできないのです。

 

自分自身を大切にできないような人は、他の人を大切にすることもできません。

 

「私なんて」

 

「どうせ僕なんか」

 

と、自分を否定しないでください。

 

それはひいては「あなたを生んだ親」や「あなたのことを好きになってくれる人」をも否定することにつながります。

 

そして、あなたは自分と付き合いたいと思いますか?

 

自分が異性だったらあなたのどういう点が好ましいと思うか?

 

セールスポイントをどんどん見つけてみてください。

 

たくさん自分のいいところを見つけ出し、

 

「私って結構いい女じゃない?」

 

「モテ過ぎちゃってこまるなぁ」

 

などと、思う存分酔いしれてください。

 

欠点や自信のない部分を探すのは、そのずっとあとです。

 

まずは自分を褒め、自分に自信を持つ。

 

それだけであなたは明るく輝き始めます。

 

理想の姿を設定する

 

そうはいっても、「あるがままの自分が大好き!」「自分には欠点なんて一つもない」と思える人は、なかなかいないのではないでしょうか。

 

それでは、あなたはどんな自分になりたいですか?

 

自分の理想とする姿はどんなものでしょう?

 

そう訊くと、囗ごもってしまう人がいます。

 

「何となく今の自分が好きではないだけで、特に理想はない」と言うのです。

 

理想の姿が明確に決まっていないから、いつまでも自分を否定してしまうのです。

 

目標達成を遂げた「あるべき自分」「理想の自分」の姿を、具体的に設定しましょう。

 

「好きな人と一緒にフレンチの名店○○○○でディナーを食べている自分」や、「遊園地で人気アトラクションに彼女と乗っている自分」をイメージします。

 

可能なら、行きたいレストランや遊園地の写真を目につく場所に貼ったり、携帯電話の待ち受け画面にするとさらに効果倍増です。

 

いつも見て繰り返しイメージすることで、深層心理に働きかけ、自然と実現に向けた言動ができるようになっていきます。

 

さらに、「理想の自分であればこんな時にどう考えるだろう? どんな行動をするだろうか?」とイメージして行動に移すようにします。

 

たとえば、「大好きなDさんとお似合いの自分」をイメージしたら、前向きに考えられるでしょう。

 

「Dさんは背が高くてスラッとしているから、私もダイエットをしてスリムにならないと。そういえばよく赤色のネクタイをしているから、私もコーディネートに赤色を取り入れようかしら。Dさんは年上で落ち着いているから、幼稚な言葉遣いは改めなきゃね」などというように、美容やファッション、話し方など、相手に対する態度も考えて行動できるようになるはずです。

 

それが、だんだん本来の自分になっていきます。

 

そうすれば、何もしなくても相手はあなたに夢中になりますよ。

 

自分のあるべき姿に近づくには、具体的なモデルを思い描くことも効果的です。

 

「女優の△△さんのように淑やかな美人になる」

 

「サッカーの口口選手のようにワイルドな男になる」

 

といった具合です。

 

長年付き合ってきた自分自身をすぐに変えることは難しいものですが、具体的なビジョンが定まればわかりやすくなります。

 

見た目やしぐさ、話し方などは特に、モデルがいると変えやすいものです。

 

また、好きな人ができた時に「こう言えば好かれるかな?」とか「こうしてあげたら喜ぶかな?」と思っても、恥ずかしくて行動できないことがあるでしょう。

 

そんな時も、モデルになりきつて演じるのです。

 

自分ではなく、第三者になりきって演じることで、あなたが「照れくさいなあ」と思う言葉も、「ぶりっこ過ぎないかな」というしぐさも、「キザじゃないかな」と思う行動も、平気になります。

 

人気のある俳優や女優の中から憧れの人を選び、モデルを決め、映画やテレビドラマのセリフや行動を真似してみましょう。

 

欧米の映画に出てくるようなレディーファーストの振る舞いも、女性は喜びます。

 

オードリー・ヘプバーンの勝利の理由

 

大女優オードリー・ヘプバーンは、次のように語っています。

 

「一個の道具のように自分を分析しなさい。自分自身に対して100%率直でなければなりません。欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです」

 

「私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」

 

美の誉れ高いオートリーですが、若い頃は「自分が嫌で仕方なかった」と言っています。

 

鼻の形が個性的だったり、グラマラスな女優が台頭するハリウッド界で一人貧相な体型をしていたということがコンプレックスだったようですが、その個性にあった役柄を見事に演じ続けました。

 

やがて、「永遠の妖精」と呼ばれる唯一無二の存在を確立しました。

 

このオードリーの言葉こそ、マーケティングそのものです。

 

どんな道具や商品にも、セールスポイントもあればウィークポイントもあります。

 

商品の長所も短所も知っているからこそ、どんな販売方法でどんな広告宣伝をして販売していくか決めることができるのです。

 

そして、どんなに良い商品だとしても、自動的に売れるわけはありません。

 

できるだけ多くの人に知ってもらい、良さを理解してもらうことが大切です。

 

あなたが好きなブランドのバッグを買おうと思うのも、そのブランドを知っていて、素晴らしいものだと理解しているからでしょう。

 

長い年月をかけたプランティンクが今日の成功につながったといえます。

 

名声を勝ち得た今でも、世界の一等地に店舗を出し、広告宣伝を継続的に行っています。

 

車も化粧品も、どんな商品でも同じです。

 

人は、知らないものは買わないのです。

 

あなたの良さを知り、それを最大限にアピールする方法を考え、あなたという人を求めている人々の集まる場所を見つけ、そこに出かける。

 

その質と量を高めることです。

 

そうすれば、理想の人と出会える確率がぐっと高まりますよ。

 

第三者にアドバイスをもらう

 

効果的なマーケティングをするにはあなたのセールスポイントとウィークポイントを探す必要があります。

 

しかし現実には、自分のことを知らない人が多いもの。

 

自分のことを知るには、どうしたらいいのでしょうか?

 

「あなたは自分の姿を見たことがありますか?」と訊くと、「いつも見ています」という返事をする人がいるかもしれません。

 

しかし、それは鏡や写真にうつされた姿ですよね。

 

自分の立ち居振る舞い、声色、表情など、生の姿を見たことがある人は誰一人としていません。

 

つまり、自分が自分のことを一番知らないといえるのです。

 

自分のセールスポイントとウィークポイントを客観的に見るには、第三者のアドバイスに頼るのが一番効果的です。

 

第三者のアドバイスのほうが、案外的を射ていることが多いものです。

 

家族や友だちなど、身近な人は遠慮なく意見を言ってくれるでしょう。

 

「私の良いところと悪いところを遠慮なく言ってほしい」と訊いてみましょう。

 

時には辛辣な意見をぶつけられるかもしれません。

 

「雰囲気が暗いからもっと笑ったほうがいいよ」などと言われると、素直に納得できないでしょう。

 

しかし、「ギフト」だと思って素直に受け止めるのです。

 

そして、「今、ちゃんと笑っているかな?」と心の片隅で確認しながら日常を過ごします。

 

それが「自分を客観的に見る癖をつける」ということです。

 

素直に謙虚に、自己内省を繰り返しましょう。素貰さと謙虚さは、幸せへのキーワードです。

 

「自分はいつも黒い服ばかり着ていたけれど、案外ピンクも似合うと言われた」というように、新しい自分を発見することもできるでしょう。

 

自分の魅力は、なかなか自分では気づかないものです。

 

第三者の意見に後押しされて、ガラっと変身を遂げることができます。

 

できることで戦う

 

大リーグの年間最多安打記録を持つイチロー選手の年間最高打率は、オリックス時代の3割8分7厘。

 

ちなみに、大リーグ選手の最高打率は4割2分4厘とされています。どんなにすごい打者でも4割前後しか打てない、半分以上は凡打なのです。

 

特に、良い投手のベストピッチはなかなか打てません。

 

優れた打者は投手の失投を見逃さず、自分か打てる球を待って、その球が来たら、初球であっても打っていきます。

 

そして、確実にジャストミートしてヒットにするのです。

 

逆に二流の打者は、打てない球に手を出して凡打にしてしまいます。

 

その差が2割5分の打者と3割5分の打者の差となり、年俸何億円の差となります。

 

あなたは、全打席でヒットを打とうとしていませんか?

 

できないことや苦手なことは捨て、「できること」「得意なこと」「好きな事」でチャンスが来た時、確実にヒットにすればいいのです。

 

誰にでも、できることとできないことがあります。

 

「カラオケで知らない曲を歌ってほしい」と言われた時には、無理してその曲を歌わなくても「この曲は知らないから、他の○○って曲を歌いますね」と言って得意な曲を歌えば済む話です。

 

勉強、スポーツ、絵画、音楽、書道など、すべての分野でパーフェクトな人はいません。

 

勉強ができなくてもスポーツができたり、絵や音楽が得意だったりすることは大いにあります。

 

自分のセールスポイントを最大限に活かし、得意なフィールドで戦うことで、成功に近づきます。

 

モテる趣味を持つ

 

「できることで戦う」とお伝えしましたが、人生はバランスが必要です。

 

趣味には正直、モテるものとモテないものがあるため、初対面の人にモテない趣味のアピールをするのは避けたいものです。

 

偏った趣味は悪印象です。

 

アイドルやアニメなどのオタク系趣味は、変わった人だという先入観を持たれる恐れがあります。

 

また、釣りのような一人で完結する趣味は女性にはウケません。

 

ギャンブルは封印しましょう。

 

男女ともに結婚相手としてはNGです。

 

お金を失うイメージがあります。

 

できたら相手と一緒に楽しめるような趣味を持つことです。

 

交際が始まったら何か一つでも共通の趣味を持つように心がけましょう。

 

何も共有する楽しみがなければ、気づいてみたら共通の話題すらなくなりかねません。

 

毎日のウォーキングでも、ボウリングでも、誰かと楽しみたいという気持ちが大事です。

 

特に男性は自分に得意な趣味があるなら、彼女にも教えてあげるとよいでしょう。

 

共通の趣味ができるばかりでなく、株も上がります。

 

女性が得意で男性は初めて、というものよりは、男性がりードできるもの、または二人で1から始めるものがおすすめです。

 

女性は、べ夕ではありますが料理・お菓子づくり・フラワーアレンジメントや手芸などの趣味があると、家庭的な印象を持ってもらえます。

 

そもそも趣味を持たない人は、面白みのないつまらない人と思われます。

 

仕事ばかりではなく趣味を持つことで、出会いの場や会話のネタも増えていきます。

 

結婚するには我慢も必要

 

タバコを吸う人は、結婚相手としてはNGです。

 

タバコ嫌いの人が多く、それだけで選択肢から外されてしまいます。

 

自分か喫煙者であっても、他人の喫煙は「煙で気分が悪くなる」「臭いが洋服につくから嫌だ」という人もいます。

 

口臭の原因にもなりますし、不健康なイメージを持たれかねません。

 

結婚をしようと思うなら、今すぐ禁煙してください。

 

タバコ代を節約すれば、その分婚活や結婚生活にお金を使うこともできます。

 

特に女性の場合は、それだけで家庭的なイメージを消してしまう恐れがあります。

 

また、お酒もくせ者です。

 

タバコのように「厳禁」というわけではありません。

 

むしろ、お酒が良い出会いに導いてくれることもあります。

 

ただ、ほどほどにしてほしいのです。

 

相手がお酒を飲まない場合、「お金がかかるのでは?」「酒癖が悪くないのかな?」「毎晩、家で飲まれたら嫌だ」など、あまり良いイメージを持たれません。

 

特に女性の御両親が飲まない場合はなおさらです。

 

飲みすぎの人は飲酒量や飲み会の数を減らすことをおすすめします。

 

お酒の強い女性も敬遠される傾向があります。

 

相手の男性が飲まないのであれば、食事の際などに相手が「飲んでもいいですよ」と言っても、なるべく遠慮しましょう。

 

パーティーや飲み会の際もほどほどにしておきましょう。

 

毎晩飲み歩いているような酒豪のイメージは、残念ながら「結婚」には合いません。

 

ただ、二人ともお酒好き、酒豪だという場合は、かえって二人の仲がぐんと縮まるきっかけになります。

 

ワインの勉強会で出会ったというカップルや、「一緒に飲みたい」という口実でデートにこぎつけた人もいます。

 

人それぞれですが、何事もほどほどが一番です。

 

運がいい人になる

 

「運がないから、なかなか運命の人に出会えない」

 

「巡り合わせが悪くて、好きな人にはいつも相手がいる」

 

と嘆く人がいます。

 

運とは何でしょうか?

 

「棚からぼたもち」といいますが、運は待っているだけで得られるものではありません。

 

また、「生まれつき運がいい人」というのも存在しません。

 

強いて言えば、チャンスを確実に手に入れるこどができたかどうかの差でしょう。

 

確率の問題です。

 

チャンスは、誰にでも平等に訪れます。

 

しかし、それに気づかないことがあるのです。

 

また、気づいても行動できないこともあります。

 

チャンスがあった時にそれを確実に手に入れられた人だけが、「運がいい人」といえるのです。

 

「素敵だな」と思う人と出会っても、そのまま何もアクションを起こさなければ結果は出ません。「運がないから出会いもない」とぼやくままです。

 

しかし、勇気を出してアクションを起こし、その異性の気持ちを自分に向かせることができたら、その異性と出会ったこと自体を「運がよかった」と振り返ることができますよね。

 

運のよさとは、結局結果論なのかもしれません。

 

運がいいか悪いかを考えるよりも勇気を出して行動に移すほうが、良い結果につながります。

 

いい人に出会うことができないときは

 

友達に紹介してもらったり、合コンに参加したり、好かれる行動や会話術を勉強しても、いい人に出会うことができないという人はたくさんいます。そしていつの間にか友達からの紹介も合コンのお誘いもなくなり、ついには結婚をあきらめてしまう人もおられます。

 

ただ何もせずに出会いを待っているだけでは、結婚できずに終わってしまうかもしれません。

 

そうならないために、結婚したい人だけが利用していて、いい人に出会うことができる婚活サービスを利用してみませんか?

 

いまから紹介する婚活サービスは、たくさんの結婚を望んでいる人が利用しているので、いい人に出会える確率がグンと上がります。

 

ぜひ、あなたにピッタリの婚活サービスを利用して、いい人に出会い、幸せな結婚をしてください。

 

 

 

 

優良大手の資料を一括請求!!

 

  • 厳しい選考基準をクリアした大手結婚相談所16社の中から自分にピッタリな結婚相談所の資料を選ぶことができます(最大10社)。
  •  

  • 10万人に選ばれている無料で資料を一括資料請求できる婚活サービスです。

 

ズバット結婚サービス比較

 

 

料金 補足 評価

無料

1分で申し込み完了

婚活,うまくいかない,結婚,内面,プロデュース

 

 

 

 

 

 

 

 

年代に合った資料を揃えています!

 

  • 20代の方〜70代の年代別の簡単なアンケートに答えるだけで、自分に合った結婚相談所の資料を無料で一括請求できます。
  •  

  • 結婚相談所をまとめて比較検討したいという人にピッタリのサービスです。

 

婚活・結婚おうえんネット

 

 

料金 補足 評価

無料

始めてでも簡単入力

婚活,うまくいかない,結婚,内面,プロデュース

 

 

 

 

 

結婚相談所の資料は婚活していく上でためになる情報が満載です。

 

結婚相談所に入会するしないに関わらず手に入れておけば、婚活にプラスになること間違いなしです!

 

この2社から一括で資料請求すれば他の資料は必要なしです。