婚活をうまくいかなくする敵1人目は「友達」

婚活をうまくいかなくする敵1人目

一人目の敵は友だち

 

 

平日の夜に夕食を食べるのも休日に買い物をするのも、同性の決まった友だちとばかり。そんな人が意外に多いものです。

 

中には、テーマパークに行くのも映画を観に行くのも同性の友だちと一緒、という人もいるでしょう。

 

一人で過ごすのは寂しいから、お互いに誘い合ってしょっちゅう会っています。

 

恋人がいなければ、クリスマスや誕生日という大きなイベントも、その友だちと過ごします。

 

実は、この同性の友だちがくせ者なのです。

 

たとえばA子さんが「私、そろそろ結婚しようと思うの。来週、婚活パーティーに行く予定よ」と友だちのB美さんに言ったとします。

 

B美さんはそれに対して、「えっ? せっかく良い会社にいてがんばってるのに、もう結婚? もったいないわよ。まだまだ楽しんだほうがいいわ。それより、来週のちょうど同じ日に新しくイタリアンのお店ができるんだって。行ってみようよ」などと言うでしょう。

 

これは意地悪で妨害しているというよりも、B美さんの心の中で、「A子が婚活で忙しくなったら会える人がいなくなる。耐えられない。自分が可哀想」という潜在意識が働いているのです。

 

仲が良い友だちであればあるほど、無意識に妨害する可能性があります。冷静に考えて、「この友だちといるといつまでも行動を変えられない」と感じられたら、距離を置きましょう。

 

もちろん、友だちと縁を切るという意味ではありません。

 

婚活を頑張る一定期間だけ、友達との付き合いを控えるのです。

 

相手が見つかってからであれば、一緒に会う時間はいくらでもあるのですから、今だけだと考えて我慢しましょう。

 

「女子会」がさかんに行われていますが、あなたは、どうして女子会に行くのですか?

 

「同性だけで楽しく会話するため」と言われるかもしれませんが、本音は「そのほうが気楽だから」ではありませんか?

 

女子会で「3年間も彼氏ができない」とぽやくと、友だちは必ず「OOちゃんに彼氏がいないなんて、おかしいよね〜」などと励ましてくれるでしょう。

 

「私なんて5年もいないよ!」という友だちの言葉を聞いて安心することもあると思います。

 

その場では寂しさが慰められるでしょうが、その励ましは、長期的に見れば何の役にも立ちません。

 

平日の夜や休日などの貴重な余暇を使って女子会に参加していては、男性と知り合うチャンスがないままに時間だけが経過していきます。

 

「女子会に行った先で、素敵な人に出会えるかもしれない」と思うかもしれませんが、それも大きな間違いです。

 

男性は基本的に友達連れの女性には声をかけにくいものですから、友だちと出かけている限り、出会いのチャンスは一向に増えません。

 

「結婚」という面だけで見れば、時間と労力とお金の無駄遣い。

 

厳しいことを言いますが、女子会に使う時間とお金があれば、独身者が多く集まるパーティーなど、別のことに使うほうが、結婚できる確率は格段に上がります。

 

「結婚できないのは、いい大がいないから」

 

「今度の彼氏も最低なやつだった」

 

こんな会話を友だちと繰り広げているようでは、あなたの雰囲気はどんどん重たくなっていきます。

 

「いい大がいない」と嘆いている人は、自分自身が「いい人」でないといえます。

 

しかし友だちと文句を言い合っているうちは、それになかなか気づけません。

 

ネガティブな会話の連鎖から抜け出して、「相手に文句を言う前に、自分を変えよう」と思うことが大切です。

 

また、あなたの嫌な思い出を口にするような友だちとは距離を置くべきです。

 

「○○さんつて変わったよね。昔はメガネでオタクつぽい格好してたのに」などと他の人の前で言われたら、たとえ今のあなたが美しく輝いていても、イメージに傷がつきます。

 

結婚に近づくには、一緒にいて元気になる人と友達になることです。

 

恋人と仲良く過ごしている人と友だちになると刺激を受けますし、幸せのおすそ分けをもらってあなたの幸福感も増すでしょう。

 

また、シングルの友だちと「お互い素敵な人を見つけようね!」と前向きに競い合うこともおすすめです。

 

人はポジティブな言葉で励まされたり、褒められたりすると自信が持て、前向きになれます。

 

「その赤いワンピース、とっても似合うね。今度のデートに着ていったら?」

 

そんなアドバイスをくれる友だちと付き合うことで、あなたの輝きはどんどん増していくことでしょう。