婚活パーティーを利用する

婚活パーティーを利用する

婚活パーティーをフルに活用する

 

現代では毎日さまざまな婚活パーティーが開催されています。

 

ハードルが高く感じる人もいるかもしれませんが、パーティーの種類は千差万別。

 

参加費の価格帯は数千円から数万円までさまざまで(飲食がついていれば5000円以上のところが無難でしょう)、集まる人の層も多種多様です。

 

自分に合ったパーティーを選んで、参加してみましょう。

 

 

@社会人の交流会

 

「異業種交流会」や「同じ業界の人が集まる会」「経営者対象の会」など、ビジネス目的で参加している人も多い会です。

 

人脈づくりになるということで既婚の人も参加していますし、婚活という点ではすぐに結果にはつながらないかもしれません。

 

ただ、むしろ気楽に参加できるため、パーティー初心者の人は場慣れの意味でもおすすめです。

 

参加者には刺激的な人が多く、勉強にもなるでしょう。

 

 

A食べ物や飲み物の会

 

「ワイン会」が代表的です。

 

ワイン好きの集まる会です。

 

ボジョレーヌーボーを飲む会や試飲会など、ワイン好きにはおすすめです。

 

ワイン好きには高所得者が比較的多いので、そうした層をターゲットにする人には特に向いているといえるでしょう。

 

他にも「日本酒の会」や「フレンチを食べる会」「もんじゃの会」「うなぎの会」「スイーツの会」など、本当にさまざまな会が行われています。

 

「味覚の合う人とは相性がいい」そうなので、長いお付き合いになる人を探すには適している会だといえます。

 

 

Bイベント型のパーティー

 

「お花見の会」「花火を見る会」「ハロウィンパーティーー」「クリスマスパーティー」など、季節のイベントで盛り上がろうという会です。

 

元来、日本人はお祭り好きなので、こうしたきっかけがあると話しやすいです。

 

「BBQの会」など、アウトドアの会もあります。

 

「カラオケパーティー」で歌を通して盛り上がろうという会もあれば、「クルージングパーティー」などもあります。

 

イベントでは、相手の内面もわかります。

 

「みんなを引っ張るリーダー」「明るい盛り上げ役」[みんなが盛り上がっている中、事務局の手伝いをする気遣いのできる人]など。

 

中には「『料理が遅い』などと文句を言う人」「空気が読めずに酔っ払って大声を出す人」などもいるかもしれません。

 

よく観察すると、もしも付き合い始めたり、または結婚した時のことをを簡単に想像することができるため、確実な出会いにつながる可能性があります。

 

 

C独身者限定のパーティー

 

ここへ来ると、ぐっと結婚に近づきます。

 

まず独身者で飲んで食べて会話をしましょうというパーティーがあります。

 

婚活だけはでなく、「異性の友だちが欲しい」「恋人が欲しい」というような段階の人にもおすすめです。

 

友だちと一緒でも気軽に参加でき、一対一だけでなくても、参加者全員で盛り上がれるというメリットがあります。

 

ワインなどのドリンクを飲み、料理を食べながら話をするので、リラックスしてパーティーを楽しむことができます。

 

他にはこんなにオリジナリティーあふれるパーティーが開催されています。

 

 

  • 映画館で異性と映画を観る会
  • 男女で一緒にゲームを楽しむ体験型パーティー
  • 一緒に料理をつくる会
  • 仮面舞踏会
  • 親同士のお見合いパーティー
  • 子ども同伴もOKな、シングルマザーとシングルファーザーの会
  • 地方と東京をつなぐパーティー

 

 

ちなみに、大手結婚相談所のツヴァイで「石巻・浜こん」という宮城県石巻市の男性と東京の女性のカップリングパーティーを石巻市で行ったところ、カップリング率は8割というとても高い数値だったそうです。