婚活のための会話術-相手の話をしっかり聞く

婚活会話術 相手の話をしっかり聞く

自分ばかり話さず、相手の話をしっかり聞く

 

いくら会話が好きだからといって、自分のことばかり話していたとしたら、それは会話のキャッチボールになっていません。

 

それではまるで「ドッジボール」のような状態であり、相手に関係なく[言葉]を一方的に当てているだけなのです。

 

自分の話していることが、相手の興味を十分に引くようなものならいいのですが、そうでない話は相手は聞き飽きてしまいます。

 

自分の話を相手に聞いてもらいたいという気持ちはどちらも一緒なので、まずはこちらの言いたいことを言うのではなく、相手の話を聞くという姿勢が会話上手で、コミュニケーションがうまくできる人なのです。

 

あなたも相手に興味がないと、その人の話は真剣に聞かなくなりませんか?

 

つまり、相手の話を真剣に聞いていて、相手に興味があるということを示すことによって、相手に「私はあなたのことに興味があるんです!」という気持ちを伝えることにつながるんです。

 

聞いている姿勢には、アイコンタクトやうなずき、あいづちなどがあり、相手が視覚的に判断できないと聞いていることにはならないのです。

 

こちらの話は後からいくらでも聞いてもらえます。

 

まずは相手の話を聞くことに集中しましょう。