婚活会話術 相手と仲良くなる会話術

婚活会話術 相手と仲良くなる会話術

婚活会話術 相手と仲良くなる会話術

 

第一印象につながるのですが、会話しているときのあなたの表情や姿勢も技術の一つです。

 

あなたと会話のキャッチボールをして、相手がまた一緒にやりたいと感じるかは、あなたの投げている姿、捕っている姿にも左右されます。

 

無表情で黙々と投げている相手とまた会話をしたいでしょうか?

 

相手がいいボールを投げたなら、「ナイスボール!!」とほめてあげましょう。

 

それが表情の反応であり、会話で相手をほめることなのです。

 

ほめるとはお世辞ではなく、相手のいいところを見つけたということなのです。

 

あなたは会話のときに、目線を意識していますか?

 

アイコンタクトと言って、相手と目を合わせることです。アイコンタクトは、コミュニケーションの基本中の基本です。

 

でも、アイコンタクトがあまりできていない方がいます。

 

それは無意識にできていないのかもしれません。

 

人は相手の話を耳で聞いているのですが、会話では違います。

 

目で聞いているのです。

 

講師は多くの人の前で話をします。

 

講師は講座中、参加者全員をよく見ているのですが、講師のほうを見ていない方がちらほらいるらしいのです。

 

一方、真剣な方は、講師をじっと見ているそうです。

 

見ていない方は、目は合わせなくても耳で聞いているかもしれません。でも講師には、この人は話を聞いていないと映るのです。

 

講師がどちらの方と今後コミュニケーションをとろうとするかは明白でしょう。

 

自分の話を聞いていないと感じる相手には、人は興味を示しません。

 

それは存在を無視されたと感じるからです。

 

アイコンタクトができていない方は、知らず知らずに、相手とのコミュニケーションの機会を失っているといえます。

 

アイコンタクトができないのはクセかもしれません。

 

これまでのコミュニケーションで意識してこなかったから、だんだん目線が合わせられなくなってきたのでしょう。

 

いまからでも変えることは可能です。

 

ただ相手の方を見るだけなのです。

 

アイコンタクトで注意していただきたいのが、ただ相手の目を凝視するのでは、かえって怖がられるかもしれません。

 

では相手のどのあたりを見ればいいでしょうか?

 

よく言われるのが、相手の両目と鼻をつなぐ逆三角形ゾーンを見ることです。

 

会話の中で相手や自分が特に伝えたい内容のときには、瞳を見るようにすれば、メリハリが出ます。

 

ここで付け加えていただきたいのが、表情の反応です。

 

相手の目を見ながら、会話の内容に応じて、あなたの表情が勣かなくてはなりません。

 

面白い話なら笑わないといけないし、ビックリする話なら驚いた表情にならないといけないのです。

 

表情の反応が伴わないと、いくら目を見ていても、相手は本当に聞いているのか? と感じることになります。

 

次に、姿勢も会話の技術です。

 

あなたが会話しているとき、身体がどういう状態にあるかによって、相手との会話が変わってくるのです。

 

第一印象で姿勢がよくても、会話している最中に姿勢が悪くなってきたら、印象は変わります。

 

会話に意識が集中されるため、姿勢に意識が回らずに日常のクセや性格が出てしまうのです。

 

表情、目線、姿勢といった第一印象の決め手となる見た目をきちんとすることはとても大切なんです。

 

会話は内容にこそ重点をおくべきと考えている人もおられますが、私としては内容よりも会話をしている時の姿勢の方が重要だと思っています。

 

例えば、あなたが外国に一人で出かけたとします。言葉はまったく通じません。

 

それでも外国人とコミュニケーションをしなければならないのです。

 

話の内容より、表情やボディーラングージなどの見た目の技術が大事ということです。

 

 

いくら会話が好きだからといって、自分のことばかり話していたとしたら、それは会話のキャッチボールになっていません。

 

それではまるで「ドッジボール」のような状態であり、相手に関係なく[言葉]を一方的に当てているだけなのです。

 

自分の話していることが、相手の興味を十分に引くようなものならいいのですが、そうでない話は相手は聞き飽きてしまいます。

 

自分の話を相手に聞いてもらいたいという気持ちはどちらも一緒なので、まずはこちらの言いたいことを言うのではなく、相手の話を聞くという姿勢が会話上手で、コミュニケーションがうまくできる人なのです。

 

あなたも相手に興味がないと、その人の話は真剣に聞かなくなりませんか?

 

つまり、相手の話を真剣に聞いていて、相手に興味があるということを示すことによって、相手に「私はあなたのことに興味があるんです!」という気持ちを伝えることにつながるんです。

 

聞いている姿勢には、アイコンタクトやうなずき、あいづちなどがあり、相手が視覚的に判断できないと聞いていることにはならないのです。

 

こちらの話は後からいくらでも聞いてもらえます。

 

まずは相手の話を聞くことに集中しましょう。

 

 

相手の情報を知るためには、こちらから相手のことを聞くか、相手から何らかの話をしてくるかのどちらかです。

 

ほぼ初対面という関係なら、こちらからはそんなに深く聞きはしないでしょうし、相手もあなたに関しての深い話はしないはずです。

 

終始相手を警戒しているような態度でいたり、初対面でいきなりこのような事を聞いてはダメなんじゃないか? ある程度の距離感を持った方がいいのではないか? などと考えて会話していたら、お互いに相手に近づくことはなくなってしまいます。

 

もし、あなたと相手との関係が、仕事や趣味などの共通のことでこれからもつながっていくようであれば、話をする機会が増え、少しずつお互いのことがわかってくるようになります。

 

相手との距離感が近くなっていくのです。

 

より多くの人たちとコミュニケーションや会話をよくするためには、相手との距離感をなるべく早く近づけようとすることがポイントとなります。

 

それには、相手が近づいてくれるのを待つのではなく、自分から動いてください。

 

相手に興味を持って、積極的に相手のことを知ろうして、そして自分の気持ちが相手によく伝わる質問をすることが大切です。

 

相手のことを知る一番早い方法は、相手に質問をすることです。

 

注意するべき点として、考えなしに何でも質問すればいいというわけではなく、あなたが相手のことに本当に興味をもっているんだということが伝わることが大事になります。

 

その相手は、あなたの質問の内容や態度を観察することで、あなたが自分にどれくらい興味があるのかがわかるのです。

 

ある婚活がうまくいっていない人が、私にこれからの活動についていろいろと質問してきた時の話です。

 

私的にその人のそぶりや口調が横柄で少し気分が悪くなっていました。

 

私はその彼の質問してくる姿や聞いている態度を見ていると、「この人は本当に真剣に聞く気あるのだろうか?」という印象をもちました。

 

別の人からも質問を受けました、その人は目を輝かせて真面目に質問しているのがわかります。

 

私はどちらの人に積極的に答えようとするでしょうか?

 

質問をすると相手の話や考え方がわかり、二人の距離は近づくことになります。

 

そこでさらに相手との距離感を詰めるには、相手のことに共感を示すことです。

 

これは「私はあなたの話がよくわかりました。そして、私はあなたに共感します」ということです。

 

誰でも自分の話や考えを聞いてもらいたいですし、共感してもらいたいです。

 

自分に共感してくれる相人には、自然と親しみを感じるものです。

 

これとは玉に、特に初対面の相手との会話においては、自分の話や考えに相手が共感してくれなければ、自分から積極的に相手に近づこうなどとは思わなくなります。

 

婚活における男女の出会いの中で、共感することに失敗している人が多いように感じます。

 

男性は会話をしていると自己主張してしまう傾向にあります。

 

女性は男性とは違い、どっちかといえば、周囲と共感できる物を探して、「和」を大切にするような傾向が強いような気がします。

 

全ての人がこれに当てはまるとはいいませんが、性の違いによって、会話でのすれ違いができてしまうようです。

 

ある男性が、初対面のお見合い相手との会話の中で、映画や食べ物の話になりました。

 

相手は恋愛映画が好きなのですが、その生徒は恋愛映画があまり好きでなく、ホラー映画が好きだと話したのです。

 

食べ物の話をしても、それほど好みが合いません。

 

話をしていて相手は、この人は自分とあまり合わないのではと感じてしまいます。

 

その人はホラー映画が好きな自分を主張したために、恋愛映画を否定することになりました。

 

これは単純に恋愛映画を否定したということではなくて、恋愛映画を好きな人を否定したということです。

 

知らず知らずのうちにこのようなパターンの会話になっている場合もありますので十分に注意してください。

 

恋愛映画が100%否定されるなんてことはありません。

 

どんなことでもいい面はあるはずです。

 

時々相手の話に対して否定から始める人がいます。

 

否定から始まってしまうと絶対にうまくいきません。

 

始めはいい面を探し出して、共感することが大切なんです。それが会話をよくするポイントなのです。

 

共感と似たような会話の技術に「ほめる」ことがあります。

 

「ほめる」ことは簡単です。相手のいいところを見つけるだけなんです。。

 

相手のいいところは外見だけではありません。

 

相手の話の中に登場した行動や考えなど、どこにでもいい所はあるのです。

 

そこを発見することに集中し、見つけたらすぐ相手をほめるようにしましょう。

 

誰だってほめられたら嬉しくなるものです。嫌な気持ちになる人はいません。

 

「この人はわたしの話を真剣に聞いて共感してくれている!」と感じさせることができたら、もっと良い会話ができるようになりますし、相手との距離も縮まります。

 

 

いったいどうやったら、人と人、男と女は仲良くなることができるのでしょう?

 

よく考えてみると、始めに時間と空間、そして体験などを共有することが大切なポイントになると思います。

 

たとえ初対面だとしても、共に何か共通のことを体験することによって、自然に仲は良くなるはずです。

 

次に大切なポイントは、お互いのことをどれくらい知ることができるかどうかです。

 

たとえば、同じ職場で常に同じ仕事をしているとしても、相手のことをほとんど知っていない二人の距離は全く近づきませんし、興味や関心するも消え失せてしまいます。

 

もしも、この二人のどっちかが、[あの人についてもっと知ってみたい]と興味をもって積極的に近づくように努力すれば距離は近くなると思いますが、必要性がなかったり、緊急の事態が起こらない限り自ら動かないのが大人ですし、現代の社会というものかもしれません。

 

次に上げるポイントが共通点を探すことです。

 

共通点は、趣味や趣向、体験などともかく何でもOKなので、相手と何かしらの共通の事柄を持ったり感じたりしているかということです。

 

例えば、映画を見ることがが好きだとか、スポーツをよくするとか、住んでるところや学校が同じ地域だったとか、とにかく何でもいいんです。

 

人は共通している事柄がない場合、コミュニケーションをとり続けていくことができなくなるものです。

 

初対面で相手と仲良くなるための方法としての手順は、最初に相手の第一印象を見てどういう気持ちになるか確かめて、第一印象がOKなら、その次は会話しながら何らかの共通点があるかどうかを探していくべきです。

 

もしも相手とは全く共通する事柄がない場合には、それ以降コミュニケーションをとる気持ちも起こらなくなると思います。

 

反対に、何かしらの共通項を発見できたのであれば、距離が一気に近くなりますし、その相手にグッと親近感を感じるようになるはずです。

 

あなたのまわりにも会話が上手なひとがいるはずです。そういった人は、たとえ初対面の相手だとしても、相手との何ら可の共通点を見つけることが得意なはずです。

 

「へえ〜、あなたもあれが好きなんですか!」「自分も好きなんですよ!」などのやり取りは簡単に開いての心を掴みます。

 

特に初対面の人との会話においては、何かしらの自分と相手との共通点を探しましょう。

 

共通点が少しでも何かないかと注意しながら会話を進めてください。

 

もし共通点が多いのならば、同じような生活環境で生きているかもしれません。

 

そうすれば、以降の関係も続けやすくなるはずです。

 

共通点を多く探し出した人ほど相手と仲良くなれて、婚活もスムーズにいくでしょう。

 

 

私はお見合いの現場を取材で見たことがあります。

 

1時間半のお見合い会話をチェックしたのです。

 

一部を実況したいと思います。

 

男性「もしかしてご実家は、○○の近くですか?」

 

女性「そうなんです。○○の近くなんですよ」

 

男性 「昔、友達が○○の近くに住んでいたんでよく遊びに行っていました」

 

(○○のことについて少しばかり話をする。)

 

男性「仕事がお休みの日は、何をされていますか?」

 

女性「マラソンにハマっていて、仲間と走っています。今度、大会があるので……」

 

男性「ヘエ〜、いつから走り始めたんですか? 私も時々走っていますよ」

 

女性「社会人になってから走り始めたんですけど、結構のめりこんでするんです」

 

男性「自分は軽く走っているだけなんですよ。他には何かしますか?」

 

(女性は他のスポーツにはあまり興味がないみたいな感じです。)

 

男性「旅行は行かれますか?」

 

女性は海外旅行が好きとのこと。男性は国内のみに行くとのこと。特に深く掘り下げずこの話題は終了。

 

男性「好きな食べ物とかありますか?」

 

男性「映画とか好きですか?」

 

男性「TVは観る方ですか?」

 

(この調子でテーマごとにちょっとずつ会話が進んでいきました。)

 

 

1時間半に及ぶ会話が終了し、二人の感想を聞いてみました。

 

男性:スゴク盛り上がったと思う。二人とも明るく喋れていい感じでした。また今度ぜひ会いたいです!

 

女性:友達としては言い方だと思うけど、アンケートを取られている感じ。あまり私のこと興味がないのかなと思いました。もう会うことはないかなぁ。

 

二人の会話を聞いている限り、一般的なお見合いの席の会話のような感じがします。

 

会話をした結果、二人はもう会うことはありませんでした。なぜなら単なる「自己紹介と情報提供」で終わってしまったからです。

 

男性は、女性の情報を少しでも聞き出そうと、色々な浅い質問をしてしまったために、女性は「興味を持たれていないような会話」に感じてしまいました。

 

このような自己紹介レベルの会話は、初対面の席ではどうしても多くなります。

 

これをしてしまうと、二人の距離がまったく縮まらずに終了してしまいます。

 

仕事上の浅い関係でOKのような営業マンと顧客がする会話などであれば、こんな感じでいいのかもしれません。

 

しかし、婚活励む男女の出会いの場では、初対面の二人がある程度近づくことができないと、もう次がなくなってしまうかもしれないんです。

 

では、こんな事態にならないようにするための対策はどうしたらいいでしょうか?

 

先の会話を参考に見てみましょう。

 

会話をしている間に、相手が興味のあるものの話になったら、もっと掘り下げて話を進めるべきです。もっともっと深掘りしましょう。

 

先ほどの会話で、女性は、マラソンを社会人から始めたと言っていました。しかも、結構ハマっているようでした。

 

それを深掘りすればいいんです。

 

質問なら何個も思いつくはずです。

 

「きっかけは何だったんですか?」

 

「どの辺を走っているんですか?」

 

「出てみたい大会はありますか?」

 

「今度の大会は何キロ走るんですか?」などいくらでも掘り下げた質問ができます。

 

掘り下げた質問をすれば、「そんなに色々聞いてくれるなんて、私に興味があるのかもしれない!」と思ってくれます。

 

興味がある人のことだったら、いくらでも掘り下げて聞けるはずです。

 

興味がない人のことはそんなに深く知ろうとしないはずです。

 

このとき注意しなければならないポイントがあります。

 

ただ次々と質問を投げかければいいのではありません。

 

あなたが質問している時の表情やしぐさを含めたあなた全体が重要なんです。

 

相手のことをもっと知りたい、教えてほしいという気持ちが相手に伝わらないと意味がありません。

 

相手との会話時間が決まっているような場面での会話は、普通の会話よりも相手に一歩深く踏み込んで、なるべく早く距離を縮めることが重要になります。

 

何個も話題を変える必要はありません。

 

一つか二つのテーマだけである程度盛り上がればOKです。

 

ある程度盛り上がれば次回へつながります。

 

別の話は次会った時に話せばいいだけのことです。