婚活と服装と外見-ヘアスタイル・姿勢・表情・清潔感

婚活と服装と外見-ヘアスタイル・姿勢・表情・清潔感

婚活と服装と外見-ヘアスタイル・姿勢・表情・清潔感

 

ヘアスタイルは、服装と同じファッションの一部です。

 

服装に意識がある方は、ヘアスタイルもよくしようとします。

 

反対に服装が異性から評価されない方は、ヘアスタイルも評価されていないことが多いです。

 

ヘアスタイルで大事なチェックポイントは、あなたの髪を誰が切っているのかです。

 

私の知り合いでこういう方がいました。

 

生まれてから何十年も近所の床屋のおやじに切られているとのことです。

 

「そのおやじさんの年齢は?」と聞いたところ、もう60歳近くとのことです。

 

私は彼のヘアスタイルを見て納得してしまいました。

 

年配の方にヘアスタイルをお願いすることが悪いとは言えませんが、あなたがいまヘアスタイルを異性に評価されたいのなら、60歳近くの方に切ってもらっても期待はあまりできません。

 

それより、ファッション性を上げるためには、同世代以下のプロがいるそれなりのお店で髪を切ってもらうほうが期待できるのです。

 

プロと相談してあなたに似合うヘアスタイル、異性に評価されるヘアスタイルを追求してください。

 

ヘアスタイルで初対面の印象は変わってきます。

 

薄毛の方は、それでも似合うスタイルを探してください。

 

芸能人なら薄毛の方でも、カッコいい方はたくさんいます。

 

女性の場合は、その人の顔や雰囲気にヘアスタイルが合っているかが重要です。

 

長い髪が好きな男性が多いからと、ロングにする女性もいますが、要は自分の顔やスタイルの雰囲気にヘアスタイルが合っていれば、だれでもよく見えるのです。

 

 

婚活パーティーに参加した人の感想で、よく耳にするのが姿勢のことについてです。

 

「猫背の男性はなんか魅力に欠ける」とか「姿勢が悪くて自身がなさそうな人が多かった」などです。

 

姿勢はその方の性格・性質が表れます。自信がない方は、姿勢も自信がないように見えます。

 

真面目な方は姿勢もちょっと固めです。

 

元気な方は姿勢も元気一杯です。

 

初対面の相手はあなたの情報を少しでも入れようと、姿勢にも目を向けています。

 

目の前の相手はチェックしやすいのですが、自分がどういう姿勢をしているかは意識が薄くなります。

 

意識が薄い分、性格や日頃の状態がそのまま姿勢に現れてしまうのです。

 

あとはその姿勢を相手がどう感じるかです。

 

一般的にいい姿勢といわれているのは、背筋がすっと伸びた姿です。

 

モデルの方で猫背の姿は見たことがありません。

 

すっと伸びた姿勢がその人の自信を表し、相手もコミュニケーションしやすくなります。

 

そして魅力的に見えて人をひきつけるのです。

 

当たり前のことですが、姿勢をよくしたほうが人の目からは魅力的に見えます。

 

これはすごく当たり前のことですが、姿勢は婚活での出会いでうまくいっていない人はちゃんとできていないんです。

 

男女ともにです。

 

出会いパーティーを見学したとき、姿勢が悪い男性を見つけたので指摘してあげましたが、なかなか直りませんでした。

 

本人は、自分が周りからどんなふうに見えているのかわからないと思います。

 

姿勢があまりよくないことを少しは理解しているのではと思いますが、そう簡単に直るものではないのです。

 

私は初対面の方から姿勢がいいと、ごくたまに言われます。

 

それには理由があります。

 

私は社会人になってから、社交ダンスを少し経験しました。社交ダンスは姿勢が命です。

 

すっと伸びた姿勢をキープできるかも採点に影響されます。

 

私は強制的に姿勢をよくしたのです。

 

自分の魅力を上げるために、いままでの姿勢を改め、今日から姿勢をよくする日常をキープしてください。

 

やはり一人で悩むのではなく、ウォーキングなどのプロの力を借りてもいいと思います。

 

 

第一印象を上げるために一番大事なことは「表情」です。

 

表情をよくするかどうかで、人生が変わると言っても過言ではありません。

 

あなたの周りに、いつも笑顔の人や、表情が豊かな人はいませんか?

 

近くで接していて、こちらも幸せな気分になることがあります。

 

表情は、自分がどういう状態にいるかを相手に伝えることができます。

 

怒った状態なら、表情も怒った顔をしているのです。

 

表情が笑っていたら、気持ちもそのような状態なのです。

 

コミュニケーションする相手にとっては、その表情であなたを判断することが多くなります。

 

当然ですが、怒っている表情の相手は避けようと思いますし、笑顔の相手を見たら安心します。

 

初対面の場合はこの表情によって、その次のコミュニケーションの良し悪しが決まってくるのです。

 

自分の表情をわかってますか?

 

ここで問題なのが、自分の表情を皆さんあまりわかっていないことです。

 

自分がどの程度の笑顔なのか?

 

相手の話に応じてどう表情が変わっているのか?

 

自分のことなのにわかっていないのです。

 

それは、自分の顔を見るのは洗面所で鏡を見るときがほとんどだと思いますが、そのときにはそんなには表情は動いていないからです。

 

相手と会話をしている時の自分の表情というものは、ほとんど見る機会がないんです。

 

コミュニケーションが苦手な方の多くは、この表情はご白身が思っているより悪いです。

 

男女の出会いで成功していない人も表情が悪い場合が多いです。

 

では表情が悪いとはどういうことでしょうか?

 

顔は表情筋などのいくつもの筋肉で構成されています。

 

表情が悪い方は、この筋肉が動かない方です。

 

よく「能面みたいな人」「無表情の人」と言われます。

 

これは表情が動いていないので、その人が何を考えているか相手に伝わりにくいということです。

 

相手はまず表情を読み取っているのです。

 

表情が悪いと、初対面の出会いでは次に続かなくなり、仲良くなれません。

 

反対にいい表情とは、「笑顔」「反応」です。

 

初対面の相手でもこちらから笑顔を出せる方、その笑顔は誰が見ても安心感を与えられている方です。

 

反応とは、相手の話に応じて、あなたの表情が反応しているかとうかです。

 

相手が面白い話をしたら、そのようにあなたの表情は反応しないといけません。

 

相手が悲しんでいたら、あなたの表情も悲しんでいるはずなのです。

 

これが表情のコミュニケーションになります。

 

男女の出会いで成功していない方は、いまから自分の表情をよくすることを意識して改善してください。

 

私には難しい……、そんなにカッコよくないし……、とあきらめるのはダメです。かならずよくなります。

 

それは、表情は筋肉だからです。

 

表情を鍛えよう

 

運動をしている方はわかると思いますが、筋肉は鍛えれば鍛えるほどよくなります。

 

表情が悪い方は、これまでの人生といまの日常生活で、この筋肉を鍛えてこなかっただけなのです。

 

では、具体的に表情をよくするためにはどうしたらよいでしょうか?

 

それは、「訓練」と「意識」です。

 

筋肉を鍛えて、よくしようとする意識なのです。

 

笑顔を作る訓練として、一日100回笑ってください。ただそれだけです。

 

日常のコミュニケーションで100回以上笑っている方はいいのですが、そうでない方がたくさんおられると思います。

 

笑顔は一番筋肉を動かす表情です。

 

笑いながら表情の筋肉を鍛え、表情を豊かにするのです。

 

ご自身のアルバムを取り出して、これまでの記念写真をいくつか見てください。

 

あなたの表情はどうですか? 笑顔ですか?

 

笑顔でなかった方は、今日から訓練が必要です。笑顔を作る筋肉ができていません。

 

まず自分の表情がどれだけ動いているかを認識しないと改善することはできないのです。

 

私も実はあまり笑顔を意識したことがあまりありませんでした。

 

家庭環境もあって、あまり笑顔をしてこなかったと思います。

 

笑顔は自己開示です。

 

相手に私はこういう人ですということを表情で伝えているのです。

 

周りへの自己開示が苦手な方は、やはり表情や笑顔が悪いです。

 

コミュニケーションにおいて、自己開示はとても重要です。

 

まずあなたが相手に自己開示しないと誰もあなたに自己開示してくれないのです。

 

私もずいぶん遅れて笑顔の大切さを理解しました。

 

そして意識して笑顔を作る訓練をしたのです。

 

もう写真を撮られたらいつでも笑顔です。

 

なぜ昔はこんな簡単なことができなかったのだろうと思います。

 

あなたをもっと魅力的にするために、今日から笑顔の反応を心がけ、訓練と意識をしてください。

 

あなたのコミュニケーションは格段によくなります。

 

歯の清潔さも重要

 

笑顔になる時には歯の清潔さも大切な要素になります。

 

歯ならびが悪くて、色が黄ばんだり黒くなっている男性を、女性は瞬間的に「不潔」と判断してしまいます。

 

私の知っている人で、ずっと彼女なしでも結婚できた男性で、歯をホワイトニングされた方がいます。

 

芸能人のように歯を白く見せるのです。

 

男性でそこまでする方はなかなかいません。

 

私としては、彼の本気さが感じられ、そこまで徹底してご白身の魅力を高めているから、結果が出たのだと思います。

 

歯が白くないと笑顔を作りづらいです。

 

笑顔で歯から白さがこぼれてくると、清潔感は申し分なくなります。

 

相手にコミュニケーションしやすい自分を見せるためのホワイトニングは、一つの手段なのです。

 

 

女性が男性を不潔と判断する最大の原因は「不快な臭い」なんです。

 

どんなにスゴイ年収でも、外見が最高にタイプな男性でも、不快な臭いがあると「この人とは、お付き合いは無理」と本能的に判断してしまうのです。

 

女性の場合は逆に過剰な香水は不快感を与えます。

 

男性の不快な臭いとは生活習慣が関係してきます。

 

例えば、部屋が汚かったり、風呂に入ることがあまり好きでなかったり、肉や脂っこいものを好んで食べていたり、これまで歯をきっちり磨いてこなかったりと、生活習慣によって左右されます。

 

病気が原因の場合もありますが、臭いでその相手の人となりを判断するのは、女性の動物的本能なのです。

 

清潔感がいきすぎるのは、かえって神経質ととらえられますが、常識的なレベルまであなたの清潔感を上げてください。

 

男女ともにタバコの臭いが嫌いな方や、口臭に敏感な方も増えてきています。

 

一度、親や親友など身近な方に自分の体臭や口臭がとうかを聞いてみてください。

 

早めに確認しないと、気づかないうちに周りに不快感を与えているかもしれないのです。

 

清潔感を上げるために簡単な方法があります。

 

服を新しくしたり、こまめに洗濯することです。

 

不快な臭いというのは、大部分は服が原因なのです。

 

男女ともに不快な臭いがする人は、体臭だけでなく、服に臭いがついている場合があります。

 

何日も風通ししないせいで湿気がこもりカビ臭くなったり、部屋のゴミのにおいなどが服についてしまうのです。

 

特に一人暮らしをしている方は気をつけましょう。

 

また、何日も洗濯しなかったり、部屋干しばかりで湿気臭くなったりしても臭いが気になります。

 

服の不快な臭いによって、その人の部屋が不潔であるとイメージしてしまうのです。

 

男女の出会いで失敗している人の中には、不快な臭いで出会いを逃している方もいるのです。