実年齢よりも見た目?

実年齢よりも見た目?

何歳に見られますか?

 

「○○さんつて、もうすぐ40歳ですか〜? え〜、全然見えない〜。どう見ても30代前半だよね〜」「若く見える〜!」

 

あなたの周りでこんな会話、よく聞きませんか?

 

「私、実年齢よりも10歳も若く見えるんだ、じゃ、コンパとか、全然平気かも……。それに、周りの同年代のコたちも、まだまだ独身だし。ま、しばらくは今のままでいいや」

 

そんなふうに思ったあなた、結婚を考えているのならば要注意です。もしもあなたが30歳代になっているのならば、なおさらです。

 

男は結婚相手の年齢を気にする

 

若く見えるのは喜ばしいことです。でも、婚活中の方は経験があるはずです。お見合いパーティーで、自分よりずっと地味な女性が「若い」というだけでちやほやされて悔しい思いをした経験が。

 

男性はただでさえ若い女性が好きな上に、結婚相手として考えるとき、その感覚はさらにシビアです。優しく可愛い女性と暮らしたいと思うのと同時に、自分の子どもがほしいと考えるからです。だから、おのずと子どもを産める年齢の女性を選ぶのです。

 

この、「子どもを産むことができる年齢」というのは、男性と女性の間で5歳ほど感覚のずれがあるようです。女性は40歳前後でお母さんになった友人が周りにいることも多いので、41〜42歳くらいまでは何とか大丈夫かしらと考えますが、男性はなんとなく「35歳くらいまで」と考えるようです。

 

また、男性の親御さんはもっとシビアです。「孫のことを考えると、30代はちょっとね。できれば20代がいいね」。自分の息子の歳を棚に上げて、平気でこう口にします。そんな親御さんの言葉を聞いた男性は、これまた自分の年齢を棚に上げて、「20歳代くらいの女性じゃないと」なんて平気で言ったりするのです。

 

女の年齢を気にする男への対処法

 

飲み会などでしつこく年齢を聞く男性がいます。おそらく実年齢と見た目のギャップを埋めたい、自分の恋愛対象としてふさわしいか見極めたい、という気持ちが慟くのでしょうが、かなり失礼な行為です。

 

「女性に年齢を聞くのは男性に収入を聞くようなもの」と言われます。しかも、あんまりしつこいので本当の年齢を「教えてあげた」とたん、「えっ」と言ったきり絶句し、話は終わるのです。

 

男性が想像している許容範囲から外れたとたん、さっきまでのしつこいほどの興味はどこへやら。きっと、彼の恋愛対象から外されてしまったのでしょう。

 

こんな男性の特徴を把握して、「実年齢よりも5歳以上若く見える38歳以上の美しい女性」は対策を練らなくてはなりません。お見合いパーティーなど最初からプロフィールに年齢を書かなくてはならない場合、必須項目でなければあえて空欄にしておくのもひとつの方法です。

 

だって、付き合うかどうかもわからない男性全員に自分の弱みを教えるなんて。「ホントの年齢は恋人にしか教えないんです」とか言っておきましょう。

 

実年齢を言うのは平気、という女性もいますが、彼女たちの勇気には脱帽です。年齢にこだわる細かい男性は願い下げ、という意気込みは立派です。

 

30代に見える20代のフケ美人の女性も、「年齢を言わない効果」があります。実年齢を聞いた彼らは、「意外に若いんだ、大人っぽいね」とあなたを恋愛対象にするでしょう。

 

男性の「本当は何歳?」攻撃を上手にかわすテクニックを身につけるのは大切です。男性は見た目の美しさにこだわりますが、その実年齢にはもっとこだわるようですから……。

 

女は実年齢よりも見た目にこだわるが

 

女性はそれほど男性の実年齢にこだわりません。どちらかといえば見た日年齢に重点を置きます。男性は40代、50代になつでも子どもをつくれると考えられているからでしょう。

 

でも、定年までに子どもが成人できるか、彼のご両親はおいくつかなど、他のことも考えておかなければなりませんし、女性ほどではなくても高齢出産のリスクは増えます。

 

男性の見た目年齢は、太っているか、髪の毛の状態はどうか、で大きく変わります。これは遺伝もあり、本人の努力ではなかなかカバーできないところ。30歳そこそこなのに50歳過ぎに見える男性も少なくありません。

 

若い男性と結婚したいと考えている年上女性は、こういう男性も要チェックです。残念ながら、かっこいい年下の男性は、自分より年下の女性にアプローチすることが多いので。

 

若さは強力な武器

 

あなたが30歳を過ぎて結婚を焦っていないとしたら、たぶん、あなたの周りには仕事を生き生きとこなし、「結婚なんてまだまだ」という友人ばかりが集まっているのでしょう。

 

類は友を呼ぶ、といいます。けれど、あなたが知らないグループ、例えば公園に集まる若いお母さんや、保育園の仲良しママ友では、20代に結婚し、幼い子どもを抱えているグループがあるはずです。「周りはみんな私と同じだから安心」なんて思っていると、あとからあれれ……となります。

 

今は、30歳かもしれません。でも、5年後は? 20年後は……? 25歳から30歳までの5年はあっという間だったはずです。50歳になった自分を想像するのは難しいと思いますが、今、女性の10人に1人が50歳までに1度も結婚していない生涯未婚なのです。

 

この確率は今後ますます高くなってくるでしょう。自分にとって何を選択するのが重要なのか、真剣に考えてみてください。

 

年齢を重ねるごとに思います。若いというのは、すごい財産なんだな、と。その若さと女性としての魅力を無駄にしないでほしいと思います。結婚適齢期は、女性としての魅力とオーラが全開になっている時期。仕事も、恋も、婚活も、全力投球で毎日過ごしてください。

 

10年後に「大切なのは見た目年齢のはずでしょ」とあわてなくてもいいように、「あなたにとって一番若い今」を大切にしてください。