女性が結婚するには実年齢よりも見た目が大事?

女性が結婚するには実年齢よりも見た目が大事?

女性が結婚するには実年齢よりも見た目が大事?

 

何歳に見られますか?

 

「○○さんつて、もうすぐ40歳ですか〜? え〜、全然見えない〜。どう見ても30代前半だよね〜」「若く見える〜!」

 

あなたの周りでこんな会話、よく聞きませんか?

 

「私、実年齢よりも10歳も若く見えるんだ、じゃ、コンパとか、全然平気かも……。それに、周りの同年代のコたちも、まだまだ独身だし。ま、しばらくは今のままでいいや」

 

そんなふうに思ったあなた、結婚を考えているのならば要注意です。もしもあなたが30歳代になっているのならば、なおさらです。

 

 

若く見えるのは喜ばしいことです。でも、婚活中の方は経験があるはずです。お見合いパーティーで、自分よりずっと地味な女性が「若い」というだけでちやほやされて悔しい思いをした経験が。

 

男性はただでさえ若い女性が好きな上に、結婚相手として考えるとき、その感覚はさらにシビアです。優しく可愛い女性と暮らしたいと思うのと同時に、自分の子どもがほしいと考えるからです。だから、おのずと子どもを産める年齢の女性を選ぶのです。

 

この、「子どもを産むことができる年齢」というのは、男性と女性の間で5歳ほど感覚のずれがあるようです。女性は40歳前後でお母さんになった友人が周りにいることも多いので、41〜42歳くらいまでは何とか大丈夫かしらと考えますが、男性はなんとなく「35歳くらいまで」と考えるようです。

 

また、男性の親御さんはもっとシビアです。「孫のことを考えると、30代はちょっとね。できれば20代がいいね」。自分の息子の歳を棚に上げて、平気でこう口にします。そんな親御さんの言葉を聞いた男性は、これまた自分の年齢を棚に上げて、「20歳代くらいの女性じゃないと」なんて平気で言ったりするのです。

 

 

飲み会などでしつこく年齢を聞く男性がいます。おそらく実年齢と見た目のギャップを埋めたい、自分の恋愛対象としてふさわしいか見極めたい、という気持ちが慟くのでしょうが、かなり失礼な行為です。

 

「女性に年齢を聞くのは男性に収入を聞くようなもの」と言われます。しかも、あんまりしつこいので本当の年齢を「教えてあげた」とたん、「えっ」と言ったきり絶句し、話は終わるのです。

 

男性が想像している許容範囲から外れたとたん、さっきまでのしつこいほどの興味はどこへやら。きっと、彼の恋愛対象から外されてしまったのでしょう。

 

こんな男性の特徴を把握して、「実年齢よりも5歳以上若く見える38歳以上の美しい女性」は対策を練らなくてはなりません。お見合いパーティーなど最初からプロフィールに年齢を書かなくてはならない場合、必須項目でなければあえて空欄にしておくのもひとつの方法です。

 

だって、付き合うかどうかもわからない男性全員に自分の弱みを教えるなんて。「ホントの年齢は恋人にしか教えないんです」とか言っておきましょう。

 

実年齢を言うのは平気、という女性もいますが、彼女たちの勇気には脱帽です。年齢にこだわる細かい男性は願い下げ、という意気込みは立派です。

 

30代に見える20代のフケ美人の女性も、「年齢を言わない効果」があります。実年齢を聞いた彼らは、「意外に若いんだ、大人っぽいね」とあなたを恋愛対象にするでしょう。

 

男性の「本当は何歳?」攻撃を上手にかわすテクニックを身につけるのは大切です。男性は見た目の美しさにこだわりますが、その実年齢にはもっとこだわるようですから……。

 

 

女性はそれほど男性の実年齢にこだわりません。どちらかといえば見た日年齢に重点を置きます。男性は40代、50代になつでも子どもをつくれると考えられているからでしょう。

 

でも、定年までに子どもが成人できるか、彼のご両親はおいくつかなど、他のことも考えておかなければなりませんし、女性ほどではなくても高齢出産のリスクは増えます。

 

男性の見た目年齢は、太っているか、髪の毛の状態はどうか、で大きく変わります。これは遺伝もあり、本人の努力ではなかなかカバーできないところ。30歳そこそこなのに50歳過ぎに見える男性も少なくありません。

 

若い男性と結婚したいと考えている年上女性は、こういう男性も要チェックです。残念ながら、かっこいい年下の男性は、自分より年下の女性にアプローチすることが多いので。

 

 

あなたが30歳を過ぎて結婚を焦っていないとしたら、たぶん、あなたの周りには仕事を生き生きとこなし、「結婚なんてまだまだ」という友人ばかりが集まっているのでしょう。

 

類は友を呼ぶ、といいます。けれど、あなたが知らないグループ、例えば公園に集まる若いお母さんや、保育園の仲良しママ友では、20代に結婚し、幼い子どもを抱えているグループがあるはずです。「周りはみんな私と同じだから安心」なんて思っていると、あとからあれれ……となります。

 

今は、30歳かもしれません。でも、5年後は? 20年後は……? 25歳から30歳までの5年はあっという間だったはずです。50歳になった自分を想像するのは難しいと思いますが、今、女性の10人に1人が50歳までに1度も結婚していない生涯未婚なのです。

 

この確率は今後ますます高くなってくるでしょう。自分にとって何を選択するのが重要なのか、真剣に考えてみてください。

 

年齢を重ねるごとに思います。若いというのは、すごい財産なんだな、と。その若さと女性としての魅力を無駄にしないでほしいと思います。結婚適齢期は、女性としての魅力とオーラが全開になっている時期。仕事も、恋も、婚活も、全力投球で毎日過ごしてください。

 

10年後に「大切なのは見た目年齢のはずでしょ」とあわてなくてもいいように、「あなたにとって一番若い今」を大切にしてください。

 

 

ところであなたは今何歳でしょうか。世の中のほとんどの女性は、「生まれて、成長し、老いる」という同じ条件の身体を持っています。赤ちゃんから成長し、少女になり、成熟した女性になり、そしておばあちゃんになるのです。

 

女性はそれに立ち向かうため、「アンチエイジング」に多くの努力を払います。しかし、ここで考えたいのは目じりのしわやゆるんだボディラインという見た目の老いではなく、もっと本質的な身体の機能です。

 

人より何歳か早いか遅いかという違いはありますが、「あなたの身体は、運よく老化しません」という人はいません。

 

以前こんな話を聞きました。

 

40歳を少し過ぎた女性が視力の衰えが気になり、眼科を受診したそうです。

 

そのとき、かかりつけの眼科医の先生からこう言われたそうです。

 

「久しぶりですね。全然変わりませんね。相変わらず若くて美しい。けれど、そろそろ老眼が入ってきますよ。それにつれ、近視も入ってくるでしょう。見た目にはどんな若い人でも、必ずそうなります。老眼は早い人で42歳くらいから始まります。人間である以上、必ず、です」と。

 

若い頃には自在に動いて上手にピントを調整してくれていた目の機能がだんだん衰えて動きにくくなり、最後にはカチカチの石みたいになる、という恐ろしい話を聞いたそうです。

 

「誰でも、です。早い遅いの差はありますが、みんな平等に、です。」

 

「ああ、そうなんだ。」と思ったそうです。当たり前のことですが、それまで老眼についてなんて考えたこともなかったので、老いについて真剣に考えさせられたそうです。

 

 

女性の身体も、年齢によって変化します。

 

その年代になすべき働きがあり、その年代にのみ与えられた機能があるのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの男と女の違いは、「付いているか、いないか」くらいのものです。しかし、女の子は「持って」生まれてくるのです。その小さなおなかの中には、卵子のもとになる細胞が一生ぶん、すでに準備されています。

 

そして10代半ば、生理が始まる頃には妊娠が可能になります。そしてさらに成熟し、20代前半から30代前半、妊娠、出産に最も適した身体になります。

 

これより早すぎても遅すぎても、多少の不都合が生じる確率が高まります。未熟な母体、老化した卵子での妊娠、それぞれのリスクを知っておくことが大切です。現代の医学が進歩したとはいえ、リスクは間違いなく高まるのです。

 

また、30代半ばを過ぎて不妊に悩む女性は非常に多くいます。キャリアを築き、仕事も結婚も思い通りに手にしたのに、赤ちゃんが授からない……。不妊治療という方法もありますが、肉体の老化と共に妊娠しづらくなるのを知っておきましょう。

 

また、高齢出産では、妊娠中は、出産適齢期の妊婦よりも、健康管理には気を配らなくてはなりません。子どもを望む女性であれば、いたずらに出産を先延ばしにしない方が好ましいのです。

 

 

妊娠、出産を経験した女性は、間違いなく「凄い」と言い切ります。偉いとか、立派、じゃなくて、すごい、と。

 

妊娠初期のつわりの気分の悪さや、妊娠後期のトドにでもなったような身体の重さ。初めての出産の、何もかもが初めての衝撃的な経験。

 

そしてそれまでの幸せな時間。赤ちゃんのための柔らかで小さな肌着や靴下を眺めて、わくわくしたことを覚えている女性も多いでしょう。

 

それからしばらくは、子育てに翻弄され、少しでいいから自分のための時間がほしいなあ、飲みに行きたいなあ、なんて思ったりします。

 

子育てがひと段落した頃には、今度は店じまいの準備で大変です。40代半ばから50代半ばの更年期です。排卵がなくなり、生理がなくなり、女性ホルモンが急激に減少することで心身に不調をきたすのです。

 

個人差はありますが、ほてり、肩こり、気分の落ち込み、だるい、眠れない、身体が痛い。何だか最近調子が悪いなと思ったら、無理せず病院でケアを受けましょう。家族やパートナーの理解も必要です。

 

 

それから、年齢とセックスについて少し考えてみたいと思います。

 

10代の頃は好奇心いっぱいの時期。20代は実践で、30代は……?

 

出産を機にセックスレスになる夫婦も多いとか。日本の40代までの夫婦の4割がセックスレス。それ以上の年齢になるとその割合はもっと増えます。

 

男性では、仕事で疲れている、女性では面倒くさい、男女あわせて一番多いのは出産後何となく、というのが夫婦のセックスレスの理由です。もったいないなあ、と思います。30代は一番充実したセックスができる年代だと思うのです。

 

女性の身体は、年齢を重ねるにつれ、反応も変わってきます。分泌物の量が少なくなり、身体の反応も鈍くなります。40歳半ばを過ぎると、大好きな人を受け入れたいのに、濡れないでがっかり、なんて現実も味わうことになるかもしれません。

 

女性の皆さんにぜひ知っておいていただきたいセックスの効用。男性は、大切な女性とセックスすることで、さらに相手をいとおしく思い、愛を深めるのだそうです。

 

逆に、拒まれるととてもがっかりするといいます。愛する人ともっと絆を深めたいと思うならば、無理をする必要はないけれど、スキンシップによるコミュニケーションは大切です。心と身体の両方を愛してもらう方がよりよいのではないでしょうか。

 

 

年齢による女性の身体の変化は、男性よりも複雑で急激です。男性よりもちょっとだけ長生きできますが、正直、とても大変です。

 

この辺りを男性のみなさんが理解していたわってあげると、女性は「もう1人、子どもを産もうかな」と思うかもしれません。

 

参考までに、セックスに「関心がない」「嫌悪している」という男女の割合も増加傾向にあり、2011年の厚生労働省の調査では、男性の約2割、女性では約半数がそう答えたそうです。この辺りも少子化と密接に関係していると言えます。

 

その年代ごとの、自然の仕組みから授かった身体の機能を意識することで「今、大切なこと」が見えてきます。

 

せっかく女性としてこの世に生まれて来たのですから、女性であることを楽しみながらいろいろな経験をし、より充実した生き方をしたいと思いませんか?

 

女性である自分の身体を理解して、もっともっと愛してあげてください。

 

 

婚活がうまくいかない最大の原因と、最高の人に出会い結婚できる方法 >>