結婚するには気持ちと意志が大事

結婚するには気持ちと意志が大事

結婚はシンプルなものだった

 

結婚というのは、極めて神聖なものです。

 

1人の男性と1人の女性が惹かれあい、一生を共に過ごすことを誓う。

 

人間にとって生きていくことが今ほど複雑でなかった時代、結婚はもっとシンプルなものだったはずです。そこには計算も条件もなく、ただ、相手に対する思いがあればよかったのではないでしょうか。

 

自分は結婚に向いていない?

 

時々、「彼は結婚に向いていないから」「私は結婚に向いていない」そんな言葉を耳にします。

 

あなたはどんな人が結婚に向いていないと思いますか?

 

経済力がない男性、家事ができない女性、子どもが嫌いな人、協調性がない人、浮気性な人。いろいろな「結婚に向いていない人の条件」が挙げられると思います。あなたはどんな人を考えましたか?

 

あなたが結婚に向いていない人として挙げる条件は、あなたが何を「結婚には必要だ」と思っているかを表します。結婚に求めるものがはっきりするので、自分に、または、お相手に質問してみるのもいいと思います。

 

結婚に向いていない人の条件が多い人は、相手に対する要求が多いのかもしれません。けれど、あなたが結婚に不向き、と思っている条件を持っている人でも、結婚して幸せな毎日を送っている人はたくさんいます。

 

結婚に求める条件を一度リセットして、さまざまな視点から結婚を考えることが必要です。

 

自己責任で結婚する

 

日本の少子化がいくら深刻であったとしても、「じゃあ、国のために早く結婚して、子どもをじゃんじゃん産もう」そんなふうに考える女性は、まずいないでしょう。

 

「親が早く孫の顔を見たいというから、誰か僕の子どもを産んでくれないかな」そんな男性もいないでしょう。

 

たまに「親を早く安心させてあげたくて婚活を始めました」と言う方がいます。もちろん、照れ隠しに言うこともあるでしょう。でも、本当に「親のため」でも、口に出さない方が賢明です。そういう人は、無責任な印象を与えてしまいます。

 

何事においても、まず外的要因を理由として挙げる人は、自分自身で責任を取らない人です。「自己責任で生きる覚悟」をしたとたん、人生はとても自由で楽しいものになってきます。

 

自分が幸せだと思えば幸せなのですから。「自己責任で結婚する」覚悟をすれば、もっと自由になれるのです。

 

私たちは恵まれている

 

現代における結婚は、国のためにするものではないし、もちろん親のため、家のためにするものではありません。

 

自分のため、もしくは自分と、自分か大切に思う相手がよりよい人生を送るためにするものです。

 

自由恋愛が中心となる今の時代では、「出会い、惹かれあい、結婚する」というのが自然な結婚の流れです。やっと「本当の意味での結婚」ができる時代が来たのだと思います。

 

「好きあう者同士が助け合い、一生を共に送る」こんな当たり前のことが許されなかった時代が、ついこの間まであったと考えると、私たちはなんとよい時代に生きていることでしょう。

 

やっと「結婚しない」「いい人がいない」などという「贅沢」を言える時代になったのです。本当に幸せなことです。

 

「好きな人との結婚が許されない」ばかりに「駆け落ち」「心中」をする時代もあったのです。恋も結婚も命がけだったのです。

 

結婚するしないは結局自分が決めている

 

現代に生きている私たちが、恋をしない、結婚をしないというのは、本当にもったいないことです。

 

しないのではなく、できないのだ、という方もいるでしょう。でも、やはり「できないのではなく、しない」のだと思います。なぜならば、誰もあなたの恋愛や結婚に反対はしていないのですから。

 

どうせ結婚なんて、誰としても大変なんだろう、結婚したからといって必ず幸せになれるはずないし……。あのブドウはすっぱいに違いないと言って、手が届かないブドウを諦めたイソップ童話のキツネは永遠にブドウを手に入れられませんでした。食べてみるまではすっぱいかどうかなんてわかりません。

 

非婚も晩婚も、結局本人の意思ひとつなのです。

 

経済が、社会が、環境が、と理由づけするのは簡単です。けれど、結婚によって得られる豊かな実りを自ら放棄するなんて、なんともったいないことでしょう。

 

本気で結婚したいのであれば、本気で努力しなくてはなりません。

 

でも大丈夫。時代は「結婚したい人の味方」なのです。

 

「運命の人」に出会うには

 

結婚適齢期の独身男女のほとんどが「いい人がいれば結婚したい」と考えています。

 

やっとその相手に出会い、結婚式で誓いのキスを交わした瞬間は、きっとみんな幸せの絶頂のはずです。それなのに、いざ結婚した後、幸せになれる人となれない人がいるのはなぜでしょう。

 

相手の選び方を間違ってしまったか、結婚後の努力が足りなかったのか。

 

男女ともにさまざまなタイプがいます。好きになれば条件なんて関係ないという人、経済力があれば多少の欠点には目をつぶれるという人。

 

いろんな場所でいろんな人と出会えば、きっと「運命の人」に出会えます。

 

それには、どんな形でもかまいません。1人でも多くの異性と出会い、言葉を交わしてみることです。そうすることで、「なにかピンとくる」「他の人とは違う」という相性のいい異性に出会えます。

 

ピンと来たその後、交際を続け、幸せな結婚をしたお2人に聞いてみると「相手に運命を感じた」と答える人が多いのが印象的なのです。

 

どうすれば「運命の人」に出会えるのでしょうか。

 

簡単です。お互いが、相手を「運命の人だと思う」ことです。

 

世の中に「絶対」は存在しないといわれますが、自分が「絶対こうだ」と信じれば、それは、「絶対」なのです。

 

自分が「この人」と決めた人を「運命の相手」と思い込めば、絆を強めることができ、その思い込みこそが結婚へつながるパワーになるのです。

 

「偶然」を味方につける

 

もうひとつ、相手との相性を確認する方法があります。

 

2人でいるとき、お互いがいつも笑顔でいられるか、です。

 

相手の何気ないひと言や行動が、いちいちカンに障ったりしていませんか? いつも一方が自分の希望やわがままを通し、一方が我慢していませんか?

 

お互いにいいところだけを取り繕ったりせずに、正直な自分でいられますか? そして何より、出会った頃よりも今のほうが相手をいとおしく思えますか?

 

盲目的な恋のメッキは時とともにはがれてきます。その状態でも、なお、相手を大切に思えれば、この先もきっと大丈夫です。

 

出会い、恋愛、結婚。あせりすぎるのは禁物です。ある程度時間をかけなくては見えてこないものも多いのですから。

 

また、本当に仲のいい2人は、いろいろなタイミングが合ってきます。声が聞きたいな、と思えば電話が鳴る、顔を見たいな、と思えば偶然出会う、などなど。

 

幸せになる人はこの「偶然」や「思い込み」など目に見えない力を信じられる人です。

 

すべてを理詰めで考え、条件や根拠といった「目に見える答え」を求める人は、理詰めで「不幸だ」という結論を出しがちです。男と女なんて、割り切れないことの方が多いのですから。

 

偶然を味方につけて、お互いが「絶対、運命の人だよね」と言いあえるお相手に、ぜひ出会ってください。