2回目のデートの注意点

2回目のデートの注意点

印象を決定づける

 

スピード勝負

 

できたら、1回目のデートから数日以内に会います。遅くとも1週間以内には会いましょう。「鉄は熱いうちに打て」の言葉通り、出会いから時間が経つとお互いに気持ちが冷めてしまいます。

 

まだ楽しかったイメージが残っている頃がよいでしょう。2週間後になると、1回目のデートで楽しそうだったのが嘘のように相手が冷淡になっていたなどということもあり得ます。もちろん次のデートの約束を取りつけるのも、スピード勝負です。

 

 

2回目のデートは食事

 

人は何かを食べながらのほうが、緊張感が薄まります。食事をしながらだと、デートはさらに盛り上がります。

 

男性のほうから、「今週の土曜日、何か食べたい?」と訊いてほしいものです。それに対して女性は「○○が食べたい」と正直に希望を言いましょう。そのほうが男性もプランが立てやすいものです。

 

もし女性に「何でもいいわ」とか「お任せします」と言われたら、困ってしまいます。本当に何でもいいのでしょうか? 女性のほうにまだ遠慮があって、希望が言えないのかもしれませんね。あるいは、本当に相手に決めてほしいと思っているのかもしれません。

 

男性は、「食べられないものはある?」くらいのことは訊いて、あとは自分で決めてしまってもいいでしょう。男性が訊いてこないようなら、女性が自分の好きなところを指定してしまいましょう。

 

お店はなるべくお洒落で雰囲気がよく、盛り上がる店がいいです。

 

価格帯は負担のない手頃な店でいいですが、夜景が楽しめるお店などは、景色を眺めながら話ができるのでおすすめです。会話に詰まった時はとにかく外を見ることで逃げられ、綺麗な景色が見られればお互いの緊張感も和らぎます。

 

ただ、デートに慣れていない人ほど、異性と向き合って二人きりで食事をするのは気恥ずかしいものです。口に食べ物を運ぶという所作は、初めはとても緊張します。ですからかなり親しくなるまではラーメン、蕎麦などのすすって食べるものは避けてください。特に女性は嫌がります。またパスタなどはカジュアルな食べ物ですが、食べる時の音が気になることもあります。やはり初めは避けるのが賢明でしょう。

 

いいところを見せようとして、慣れない高級レストランなどにも行かないことです。緊張した姿をさらすことになりかねませんし、無理をするとボロが出ます。相手の女性も緊張して、ぎこちない時間を過ごす羽目になっては元も子もありません。普段通りの自分でリラックスした時間を過ごすほうが好印象です。

 

また初めの頃だけ奮発しても、あとが続かないとがっかりされてしまいます。一貫して高級店に連れていくだけの財力がある場合は別ですが、その場合もあなた自身ではなくあなたの財布に魅力を感じている女性の本音を見抜くことができなくなります。

 

 

2回目の支払いは

 

2回目は、女性のほうが収入が多い場合もあるためケースバイケースですが、二人でとる初めての食事ですから、やはりここも男性が出したいものです。

 

支払いをする際、レジ付近でゴソゴソ時間をかけるのは興ざめです。女性が化粧室に行っている間に済ませるか、自分が化粧室に行くふりをしてサッと迅速に済ませましょう。

 

もし、女性が恐縮したら「次回はお願いね」と笑って言えばスマートですね。

 

 

「3回目のデートの注意点」につづく ⇒