SNSを利用する

SNSを利用する

ソーシャルネットワークをフルに活用する

 

フェイスブックなどのソーシャルネットワーク(SNS)はバーチャルな世界でのやりとりのみならず、現実世界でリアルなイベントもたくさん開催されています。

 

婚活にはとても効果的な場なのですが、ただ、主催者がどんな人なのか調べたうえで参加することがポイントです。

 

主催者が信頼できる人であることはもちろん、主催者の人柄や年齢・職種によって集まる人も決まってくるからです。

 

「類は友を呼ぶ」で、主催者のカラーがイベントの参加者にもあらわれるものです。

 

異業種交流パーティーーや独身者限定パーティー、カラオケパーティー、セミナーなどさまざまな交流の場があります。

 

フェイスブックで知り合って面識がなかった人とその会場で初めてお会いすることは普通になっています。

 

しかし、普段からフェイスブックを通して、お互いの活動を見て考え方も理解し合っているので、その場ですぐに親しくなることができます。

 

SNSは「きっかけ」だと思います。

 

それ自体を目的とするのではなく、うまく活用して人脈を広げることが大切です。

 

人見知りや会話下手の人には特に有効です。なぜなら、対面後に一から関係性をつくるのではなく、普段からお互いの日常生活、考え方を知ったうえで話を始めることができるからです。

 

友だちの友だちの中に、性格や趣味、考え方などが「いいな」と思うような人がいたのなら、その友だちにその人を紹介してもらうということまで可能なのです。

 

同じコミュニティ(地域や学校、趣味の会など)に所属して、興味のある人とつながることもできます。

 

また、小学校時代の旧友にSNS上で再会し、そこから交際が始まったという人もいます。

 

まずバーチャルでつながる。

 

そしてリアルでもつながる。

 

もしくはリアルでのつながりを、バーチャルで強める。

 

バーチャルの世界とリアルの世界、両方の世界が組み合わされることで、さらに深い関係性をつくることができるのです。

 

 

 

婚活がうまくいかない最大の原因と、最高の人に出会い結婚できる方法 >>