婚活での断り方はどうすればいい?

婚活での断り方

婚活での断り方は難しい!

 

婚活をしていくうえで必ず訪れる悩まなければならない場面があります。そうです、デートのお誘いやお付き合いやプロポーズの申し出を断る時です。

 

婚活中は何人もの人に会うことになるので、何らかの申し出をされる機会があります。

 

タイプの人ならば喜んで受けるのですが、タイプではなかったり、将来を考えることができないような人からの申し出は断るしかありません。

 

結婚相談所を利用していて、二人の間に仲人的存在の人がいれば、その人に相手を傷つけないように断ってもらうことができます。

 

しかし、ほとんどの場合自分でお断りしなければなりません。

 

「直接断るのは怖いし、嫌だから」と言って音信普通にしてしまうのはマナー違反ですし、その後の婚活にも影響してしまうかもしれません。

 

では、どのような断り方をすれば相手を傷つけずに、自分もすっきりと婚活を続けることができるのでしょうか?

 

 

本当に断るべきなのかをまず考える

 

一度お断りをしてしまうと、断った方から「またお会いできませんか?」とは言い出せなくなります。一度お断りしたらもう会えないと考えるべきです。

 

もしかしたら、これからいくら婚活を続けたとしても、その人以上の人には巡り会えないかもしれません。

 

「絶対に無理!」という人なら早めにお断りをするべきですが、完璧な理想を追い求めてしまうと、一生結婚できないなんてことになってしまうかもしれません。

 

少しくらい理想から離れていたとしても、一緒にいることが苦痛にならないのならスグにお断りをするべきではないと思います。

 

何回か一緒の時間を過ごしているうちにその人こそが理想の人になるかもしれません。

 

悪い部分を探そうとするから悪い部分ばかりがドンドン見えてくるんです。

 

良い部分を探そうとすればいくらでもいい部分を発見できるはずですよ!

 

断る時に気をつける3つのポイント

 

よく考えて断ると決めたら行動に移さねばなりません。

 

ここでは断る時に気を合つけなければならない3つのポイントについてご紹介します。

 

 

断ると決めたら先延ばししない

 

お断りを先延ばしにしてはいけません。

 

もしかしたら相手の人はあなたとの今後のことを考えているかもしれません。あなた以外の人を探すつもりはなくなっているかもしれません。

 

お断りを先延ばしすればするほど、期待を抱かせ続けることになります。お断りを先延ばしにすればするほど、お相手の方の落胆も大きくなります。

 

相手のためにも自分のためにも、お互いの新しい良い出会いのためにも、ダメならダメでお互いに次の出会いを探す「きっかけ」を作る必要があります。

 

それがお断りすることだと思います。

 

断ることを決めたらすぐに行動してください。

 

 

ハッキリと自分の意思を伝える

 

誰でも人に嫌われたくないという思いがあるので、ついつい「いい人」を演じてしまいます。

 

「私は〇〇さんには似合わないので…」などの言い方で断る人がいます。

 

婚活歴が長い慣れている人なら「ああ、お断りか…」と察してくれる場合もありますが、中にはこちらの気持ちを察することができない人もいます。

 

すると「そんなことないよ、大丈夫!」みたいな感じでややこしくなる場合があります。

 

断る時は「いい人」になる必要はありません。相手を否定したり、さげすむような言葉遣いでのお断りは絶対にダメですが、「素直」で「誠実」さをもってお断りすれば相手はきっとわかってくれます。

 

 

感謝する。相手を否定しない。誠意を示す。

 

まずは相手に感謝の意を伝えることをおすすめします。いきなり本題に入っては大きなショックを与えてしまうことになりますからね。

 

「今日はお忙しいところ食事に誘っていただいてありがとうございました。」「遠いところをこちらまでわざわざお越しいただきありがとうございました。本当に感謝しています」など、感謝することを忘れてはいけません。

 

次の本題ですが、相手を否定してはいけません。「見た目が…」「年収が…」「性格が…」など相手が傷ついてしまう言葉は絶対に避けなければなりません。

 

一例として、「よく考えたのですが、〇〇さんにはお友達以上の気持ちを持つことができないのです。本当に申し訳ありません。」という感じでハッキリわかるように伝えたらいいと思います。

 

最後に、「〇〇さんの気持ちに応えることができなくてごめんなさい。どうかお許しください。」と誠意を示すことも重要なポイントです。

 

 

断る時はメールがオススメ

 

仲人型の結婚相談所を利用している人であれば関係のない話ですが、一般的にお断りをする方法は、「直接会って」「電話で」「メール(手紙)で」という3つが考えられます。

 

すでに結婚を前提としたお付き合いをされている場合は直接会ってお断りすることが当然のマナーになりますが、「まだ会ってもいない」「付き合ってもいない」という場合にはメールでのお断りをオススメします。

 

なぜメールでのお断りが一番かというと、

 

  • まだそんなに親しい関係ではないから
  •  

  • 直接だと言い出せなくなったり、失礼なことを言ってしまうリスクがあるから
  •  

  • じっくり考えて文章を構成することができるから
  •  

  • ストレスが軽減できるから

 

メールの文面はシンプルに「お断りさせてください」だけでは納得できない人もいると思うので、文章はきちんと考えて書くべきです。

 

例として、

 

「〇〇さん、本来ならお会いした時に話す内容だと思うのですが、メールでこのような大切なお話をすることをお許しください。」

 

という書き出しで始めれば、相手のショックが少しは和らぐかもしれません。

 

メールは文章をしっかり考えて書くことができますので、誠意を示しつつ失礼のないようにハッキリと断ることを心掛けてください。

 

 

 

最後に

 

いくらショックを和らげるような言いかたをしても、断られることでショックを受けない人はいません。

 

でも、その断る時の言葉の中に少しでも相手を気遣うような言葉が含まれていれば、相手はいくらか癒されるはずです。すぐにショックから立ち直れるはずです。そして次の出会いに向けての行動を開始できるはすです。

 

断ることは決して悪いことではありません。断ることによってお互いが幸せになるための新しい一歩を踏み出すことができるようになるのです。

 

 

断ることはとても大事なことです。

 

断る時は誠意を持ってきちんと伝えるようにしましょう。

 

 

フェードアウトだけは絶対にしないようにしてくださいね!

 

断ることが苦手な方は

 

断るのが苦手な人でも、結婚相談所のようなきちんとしたコンシェルジュがいる婚活サービスを利用すれば、あなたの代わりに丁寧にお断りしてもらえるので、あなたは苦労して相手にお断りをする必要がなくなります。

 

あなたにはストレスフリーの婚活をしてほしいと思います。

 

せひ、あなたにピッタリ合った婚活サービスを利用して、いい人に出会い、幸せな結婚をしてください。

 

 

 

 

優良大手の資料を一括請求!!

 

  • 厳しい選考基準をクリアした大手結婚相談所16社の中から自分にピッタリな結婚相談所の資料を選ぶことができます(最大10社)。
  •  

  • 10万人に選ばれている無料で資料を一括資料請求できる婚活サービスです。

 

ズバット結婚サービス比較

 

 

料金 補足 評価

無料

1分で申し込み完了

婚活,断り方

 

 

 

 

 

 

 

 

年代に合った資料を揃えています!

 

  • 20代の方〜70代の年代別の簡単なアンケートに答えるだけで、自分に合った結婚相談所の資料を無料で一括請求できます。
  •  

  • 結婚相談所をまとめて比較検討したいという人にピッタリのサービスです。

 

婚活・結婚おうえんネット

 

 

料金 補足 評価

無料

始めてでも簡単入力

婚活,断り方

 

 

 

 

 

結婚相談所の資料は婚活していく上でためになる情報が満載です。

 

結婚相談所に入会するしないに関わらず手に入れておけば、婚活にプラスになること間違いなしです!

 

この2社から一括で資料請求すれば他の資料は必要なしです。